【東京新聞杯2017予想】過去10年のデータが選出した2頭の注目馬とは?

今週は東京マイルのG3「第67回東京新聞杯」が開催されます。春には東京でマイルG1が3つも開催されるため、マイル路線の馬はこのレースから大舞台へ向けて駒を進めることが多く、今後のマイルG1戦を占う上でも欠かせないレースと言えます。

なお、2007年のスズカフェニックス以来、単勝1番人気の馬は勝てておらず、一昨年は3連単で15万5940円、昨年は35万3160円と高額配当が飛び出しており、波乱の決着となる年も珍しくありません。今回は過去10年のデータや傾向を見ながら、好走馬を予想していきたいと思います。

まずは傾向としてどの程度の人気馬がどの程度馬券に絡んでいるかを見てみましょう。

二桁人気の穴より、「4~6番人気」の中穴を狙いたい

過去10年の人気別データ

  • 1番人気 [1-1-1-7]
  • 2番人気 [2-1-1-6]
  • 3番人気 [1-1-0-8]
  • 4番人気 [0-1-1-8]
  • 5番人気 [3-1-2-4]
  • 6番人気 [1-1-1-7]
  • 7番人気 [0-1-1-8]
  • 8番人気 [2-0-0-8]
  • 9番人気 [0-1-1-8]
  • 10番人気~ [0-2-2-61]

1~3番人気[4-3-2-21]、4~6番人気[4-3-4-19]、7~9番人気[2-2-2-24]、10番人気~[0-2-2-61]というように分けると、1~3番人気と4~6番人気がほぼ同じような数字になっております。二桁人気は連対率が3%、複勝率が6.1%となっており、割引いても良さそうです。

二桁人気がよく絡むというよりは、連対率23.3%、複勝率36.6%と一番好走率が高い4~6番人気の中穴の好走により高配当が出やすくなっているのかもしれません。

オッズはまだ確定しておりませんが、某競馬ポータルサイトの予想オッズによるとこの辺りの人気に当てはまりそうなのがプロディガルサンロイカバードマイネルアウラートブラックムーンといったあたりでしょうか。

さらにデータを当てはめて絞っていきたいと思います。次は「前走データ」になります。