【朝日杯FS】武豊の偉業達成にショウナンライズ池添が待った!

stop-997079_1280

JRAのG1完全制覇に王手をかけている武豊騎手。ついに偉業達成なるかが注目される今週の朝日杯フューチュリティステークス。本人いわく「みんな朝日杯というけど、チャンピオンズCを勝ってないから」とのことですが、前身であるジャパンカップダートは勝ちまくっていることもあるのでノーカウントでいいでしょう。

注目のコンビは母エアメサイアからの縁があるエアスピネル。父キングハメハメハは安藤勝己騎手のイメージがありますが、武豊騎手も騎乗し、エリカ賞1着の成績を残しており、両親ともに武騎手で勝ち星をあげた馬となっています。血統も含め、さらにファンの期待値こみで圧倒的な人気が予想されます。

わたしが個人的に思う、武騎手でいちばん惜しかった朝日杯といえばスキーキャプテンの2着。ケンタッキーダービーにまで参戦した外国産馬でしたが、負けた相手がサンデーサイレンスの最高傑作とも当時目されたフジキセキ。相手が強すぎましたね。

今年のメンバーなら十分チャンスがあるとみますが、ここまで勝てていないのもまた事実。対抗の穴馬も確認しておきたいです。ムーア騎手騎乗のイモータル、ルメール騎手騎乗のシャドウアプローチ、そしてエピファネイアの弟・リオンディーズにデムーロ騎手、と外国人騎手包囲網は強力です。さらに同期の蛯名騎手もボールライトニングで偉業阻止を狙います。

ですが、あえてわたしが取り上げたいのはショウナンライズ。今年旬といえる池添騎手とショウナンのコラボです。前走のくるみ賞は2番手追走から上手に抜け出し1着。これまでまだ連を外していません。1ハロン延長が未知数なのは気になりますが、人気もないですし、穴馬として推奨しておきます。