新馬戦で大勝負はするべきか?しないべきか?

今回は「新馬戦で大勝負はするべきか?しないべきか?」ということについて書きたいと思います。新馬戦とは厳密に言うとクラス編成では未勝利クラスで、いわゆる競走馬のデビュー戦です。なのでほぼ全ての馬がこの新馬戦を使ってきます。

競走馬にとって初めての公式戦ですから、競馬の予想において重要な判断材料の一つである「前走成績」というのがこのレースにはありません。出走する馬がどんなレースをするかは走ってから出ないと分かりませんし、どんな条件が得意なのかも分かりません。血統や馬体からある程度の予測は出来るかもしれませんが、情報量が少ないですから信頼度は低くなります。

新馬戦を買う時におさえておきたい”3つ”のポイント

そんな情報量が少ない中でも、レース当日になればしっかりと人気がある馬とそうでない馬に分かれます。新馬戦の人気の基準となるのは大きく分けると3つあります。「血統背景」と「調教の動き」、そして「パドックの動き」です。これは新馬戦を買う時におさえておきたい重要なポイントでもあるので、以下で解説していきたいと思います。

まず「血統」と「調教内容」はレース前から仕入れることができる重要な情報です。むしろこれくらいしかありません。厩舎や関係者によるコメントなどもありますが、リップサービスだったり大げさに表現している場合も多いので情報としての質は低いです。

それはともかく、良血馬で調教でしっかり動いているようならまず上位人気なるでしょう。未来のG1ホースとして期待がかかる高額な良血馬なんかは人気をよく集めますが、未来のスターのデビュー戦となればぜひチェックしておきたいですし、新馬戦からあっと言わせるような勝ちっぷりを見せてくれる馬も実際におります。