【チャンピオンズC2015】ノンコノユメ世代交代を告げられるか!?

mountains-691740_1280

JRAダート最高峰を決定するレース、チャンピオンズカップが2015年12月6日(日)中京競馬場で開催されます。芝ほどレース数が豊富でない分、これでもかというくらいに豪華な顔ぶれとなっていますが、ダート競争は勝ち馬が固まりやすい傾向があります。ゴールドアリュール、スマートファルコン、エスポワールシチーなどなど、現役世代でもご多分に漏れずコパノリッキー、ホッコータルマエの2頭がダート重賞を食い荒らしている印象があります。5歳と6歳の2頭で取ったG1は合計14個。まだまだ伸びしろのある年齢でもあります。

そこへ現れた新星がノンコノユメ(牡3、父トワイニング、母ノンコ)父母ともにダート畑出身のまさにサラブレッド。現在は春の青竜Sから4連勝中、ジャパンダートダービーも制した今世代イチの有望株です。良きライバルだったクロスクリーガーは残念ながら早逝してしまいましたが、クロスクリーガーへ掛かっていた期待も背負いノンコノユメが世代交代をかけてチャンピオンズカップへ挑みます。

武蔵野ステークスで古馬相手にも十分通じるところを証明し、見事優先出走権を勝ち取ったノンコノユメですが、なんの因果か未だに一番人気を背負ったことはありません。チャンピオンズカップでも期待をしている人は非常に多いかと思いますが、それでもホッコータルマエを越える人気を背負うということは考えにくいので、今回もまた1番人気ではないでしょう。そんななかでも連勝を重ねてきたのがノンコノユメ。今回もまた今までどおり気負わない走りで優勝を飾れるか、必見です!