一口馬主はどこのクラブがオススメ?

一言にクラブ馬と言っても様々な一口馬主クラブがあります。昔は社台レースホースが圧倒的に強かったですが、サンデーレーシングが誕生してからはサンデーレーシングの活躍も目立つようになりましたね。まあどちらも社台グループの直轄のクラブですからおおもとは一緒なんですけど。

まずこれらクラブに入会するには審査があります。審査と言っても、別にお金を借りるわけではないので信用情報などの照会をするわけではありません。あくまでも、会員になって生活に支障が出たり、支払いが遅れたりする可能性を審査するものです。とは言え入会している人はほとんどが一般のサラリーマンの方たちですから、そこまで重く捉えず、競走馬をもっと身近に感じたい!という気持ちで入会するのも良いでしょう。今回はいくつかのクラブを紹介させていただきたいと思います。

圧倒的に強大な組織”社台グループ”

今人気なのはキャロットクラブ。こちらも社台系の一口馬主で、サンデーレーシングと互角の戦いを演じられるクラブにまで成長しました。緑に白の二本輪、白の袖に赤の一本輪という勝負服はメインレースでも最近よく見られますね。

そして最近活躍が顕著なのがシルクレーシング。ひと昔前にはグランプリホースでダービー2着のシルクジャスティス等の活躍馬を所有しており有名でした。最近は社台系の傘下に入り、良質な仔馬を回してもらっているみたいです。募集価格が低いため、入会時の審査がないというのが大きな特徴ですね。薄利多売ではありませんが、新規会員の募集に力を入れているクラブです。

G1レーシングは逆に募集価格が高額なクラブとして有名です。ちょっと一般のサラリーマンには敷居の高いかもしれませんね。G1レーシングも社台グループ直轄の組織で、第3の社台・サンデーと目されておりましたが、今のところ結果はあまり出ておりません。