【阪神ジュベナイルフィリーズ予想2015】良血馬達をメイショウサムソン産駒デンコウアンジュが差し切るぞ!

© Bahman

阪神ジュベナイルフィリーズ。なんだかんだと、もう2歳牝馬のチャンピオンを決めるレースとして定着しましたね。最初は、まあGⅠじゃないかのような扱いをされていたものですが、ここ10年でもウォッカやトールポピー、ブエナビスタ、アパパネ、ハープスターなど数々の名牝が出走し好成績を収めています。

今年もそんな名牝候補が出走してきました。ブランボヌール、キャンディバローズ、メジェルダといずれも実力のあるディープインパクト産駒をはじめ、メジャーエンブレムやメジャータイフーンなどのダイワメジャー産駒、アドマイヤリード、クロコスミアなどのステイゴールド産駒とそれぞれ4頭ずつ出走するというサンデー系の良血種牡馬の子供達が人気になりそうです。

ただ、今回はそんなサンデー系良血種牡馬の子供以上に魅力的な馬が、メイショウサムソン産駒のデンコウアンジュです、デンコウアンジュは、前走アルテミスSを12番人気の人気薄で勝利しました。その末脚は素晴らしくこの良血揃いのメンバーでも十分なレースっぷりでした。

でも、そんないいレースを見せたにも関わらず、良血馬が揃った今回は意外にもそこまで人気にならない雰囲気です。確かに12番人気で追い込みの競馬になったレースではありましたが、上り33.3秒で差し切った脚は実力がないとできるものではありません。しかも前走は乗り替わり+輸送でマイナス18kgの馬体重だったにも関わらずの差し切りなだけに、輸送の少ない阪神で乗り慣れた川田騎手に戻る今回は、さらに末脚発揮の可能性は高まってきたと言ってもいいでしょう。

メイショウサムソン産駒最大の名牝にもなりそうなデンコウアンジュがサンデー系の良血馬達を差し切ってくれることがいまから楽しみです。