【金鯱賞予想2017】ここはあくまで”たたき台”の上位人気。狙い目はここが”ベストな条件”の馬!

今週からいよいよ中京競馬が開催。土曜メインは今年から3月開催となった金鯱賞(G3、中京・芝2000m)です。先月12月に行われたばかりですが、今年はG1となる大阪杯の前哨戦という重要な位置付けとして開催。過去の傾向が参考になりにくいイレギュラーなレースですが良い馬が揃っているので何とか攻略したいところです。

さて、単純に考えれば昨年12月に優勝したヤマカツエースを有力視したくなりますが、いかんせんムラがある馬で重い印は打ちにくいというのが正直な感想。大目標は大阪杯でしょうから、ここがたたき台であることは間違いないでしょう。

このように、今年から大阪杯がG1になったことでG1制覇を求めてここから進めてくる馬が今年は多数おります。たった3ヶ月しか間隔がありませんが、昨年の金鯱賞とは全く違った雰囲気を持っております。上位人気が予想されるステファノスやルージュバック、プロディガルサン、サトノノブレスもここは本番の大阪杯へ向けてのたたき。有力どころがほとんどこんな感じですから、これまでの前哨戦を見ながら有力馬の本気度や買い時を判断していきたいと思います。

まずは昨年の金鯱賞の勝ち馬ヤマカツエース。確かに強いですが、上でも記したようにやはり安定感に欠ける部分が大きく、大阪杯が大目標である以上ここは手を出しづらいです。なら近走安定しているステファノスはどうでしょう?たたき台はキッチリたたき台として使われることが多く買い時がはっきりしている馬なので、こちらも今回はやや危険な見方をしております。

ではプロディガルサンとルージュバックはどうでしょう?両馬とも中京が初となりますが、脚質は中京に合いそうですし距離の不安もそこまでありません。この2頭も悪くはありませんが、ダービー候補とまで言われた期待馬に、かたやG1タイトルが喉から手が出るほどほしい引退間近の5歳牝馬。やはりここは本気度が低いでしょう。

ならどの馬が買いなのか?この先にある魅力的な大阪杯に目を奪われている馬が多い中で「大阪杯?ここがベストな条件だから来ただけです」なんて雰囲気を漂わす一頭の馬がいるので今回はその馬を紹介させていただきたいと思います。