【香港国際競争】戸崎騎手ステファノス、ストレイトガールで海外G1初制覇達成なるか!

victory-1246300-1280x960

今週は香港国際競走が行われます。その中から今日は日本馬にいちばんチャンスがあるであろうレース、香港スプリントを考察したいと思います。スプリントの牙城は長く日本馬の前に立ちはだかってきましたが、ロードカナロアの圧勝劇、そして昨年はストレイトガールが3着に食い込むなど、ようやく日本馬で勝負ができる下地ができました。

今年は香港最強短距離馬と目されるディフェンディングチャンピオン、かつ今年の高松宮記念の勝ち馬でもあるエアロヴェロシティが不在。日本からは昨年に引き続いての参戦となるストレイトガール、右回り1200mでは怖い存在となるサクラゴスペル、前走のスプリンターズSでは4着とようやく復調の兆しを見せてきたミッキーアイルも参戦を予定しています。やはり有力なのは昨年もこのコース実績があり今年二本のG1勝利のあるストレイトガール。今年はサンビスタがチャンピオンCを初の牝馬で制覇するなど、牝馬の当たり年ともいえます。ここを勝てばモーリスとの最優秀短距離馬争いもまた面白くなってきます。

対する外国勢ではやはり香港のゴールドファン。今年はマイルではなくスプリントに矛先を向けてきました。アメリカからはブリーダーズカップスプリントの勝ち馬・モンゴリアンサタデーが参戦。とはいえ、芝コースは未知数。これなら日本馬に分がありそうです。昨年の2着馬ペニアフォビアも参戦予定です。

エアロヴェロシティがいなくてもこれだけ有力馬がそろえられるあたり、やはり香港は層が厚いですね。戸崎騎手、海外G1初制覇はこの馬か、香港カップのステファノスか。楽しみに今週末を待ちたいと思います。