今年は日本馬が席巻となるか!?有力馬多数出走の香港国際競走

restaurant-1045627_1280

古くはエイシンプレストンやアグネスデジタル、そしてステイゴールド。さらに遡るとフジヤマケンザンやミッドナイトベットなども活躍した香港の国際競走。海外の競馬と言えば日本でおなじみなのがフランスの凱旋門賞。今年は凱旋門賞こそ日本馬不在でしたが、香港には有力馬が多数出走を予定しており招待も受諾しています。今年いろんな意味で話題になった「あの」馬も招待されていますので、必見ですよ。

まずは香港スプリントに出走を予定している今年の日本の短距離王と言って差し支えないであろうストレイトガールですが、引退レースをここに設定してきました。引退後にどんな種牡馬をつけるのかも気になるところではありますが、まずは無事にここを勝って引退なるか注目です。そして、3歳マイル王でもあるミッキーアイルや、さらには1200mではたびたび穴をあけているサクラゴスペルが出走を予定しています。

続いて香港マイルでは、富士S快勝後にマイルチャンピオンシップを自重しているダノンプラチナが出走予定。戦績を見てもこの時期は走る馬だと思いますので、期待できるのではないでしょうか。気になるのは体調ですね。順調に使い込めない馬のようなので、そこさえクリアできれば好勝負が見込めると思います。鞍上が海外競馬経験豊富な蛯名騎手なのも魅力です。

最後が香港カップ。今年のシンガポール国際カップ2着、秋の天皇賞2着馬のステファノスが出走予定。2000m芝になると急に結果を残す馬だけに期待したいところ。そしてサイレンススズカの再来が期待されつつも、秋の天皇賞はクラレントにハナをたたかれてしまったエイシンヒカリが招待されました。G1の実績だけでいえば足りない馬かもしれませんが、国内では適正距離のG1もしばらくないだけに、この招待は非常にありがたいところです。やはり逃げ馬は国外でも華があり人気がでるのでしょうか、ステイゴールドで一発大仕事をした武豊騎手が鞍上なのも頼もしい。

日本で海外レースの馬券を買えるようになるまでには少し時間がかかりますが、海外競馬の中でも香港は日本から近い部類に入ります。ホテルからシャティン競馬場までのアクセスも面倒ならばタクシーも使えますし、地下鉄も充実しています。中国に返還はされていますが長くイギリス領だったこともあり、もちろん英語も通じます。

わたしも1度香港で競馬観戦をした経験がありますが、食事も紅茶も美味しかったですし、競馬以外の楽しみ方もたくさんあります。今年は日本馬の有力馬が大挙出走といえる年ですので、いっそ現地で観戦というのも悪くない選択肢かもしれませんね。