皆さんは競馬新聞の印をどこまで信用しますか?

1200px-2012_newspaper_reader_Santa_Cruz_Argentina_7133646327© Kmilo .

皆さんそれぞれご贔屓の競馬新聞やスポーツ紙があると思います。そこで、トラックマンの印をどこまで信用しますか?これはもう15年以上も前ですが、友人と中山競馬場に行ったときの話です。競馬新聞を2つ買ってみると、一つの新聞はグリグリ。もう一つの新聞は全くの無印。このレースは3歳未勝利戦です。ホッカイセレスの産駒が出走していて、そこそこ人気になっていました。

結果は超がつく大波乱でした。当時3連単があったら物凄い配当がついたのは間違いありません。土曜日だったのですが、競馬場は異様などよめきが起こりました。さすがに取ったと喜んでいる人はいませんでした。あんな配当を取ったのなど言えるはずもないですよね。

馬連で5万円はついていました。しかも人気の低いほうが1着でした。馬単なら倍以上は間違いなくついたでしょうね。なかなか競馬は奥が深いなあと思いました。しかし、友人たちと確定した払い戻しを見て笑うしかありませんでした。あんな馬券が意図も簡単に取れるのであれば苦労はしませんよね。競馬はこういった低評価の馬が人気馬や素質馬を蹴散らす。非常にドラマがありますよね。

競馬新聞は、枠番が確定する前に、トラックマンが打った印を参照するので、本命にしたい馬が除外された場合などは、かわりに対抗馬が繰り上がります。当然こんな事はわかりません。まして、そのトラックマンが打つ予定だった本命馬がわかりません。競馬新聞は参考材料にはありますが、あまり過度に信用しない事ですね。