【みやこS】JBCの裏開催ではない要注目レース!

geisha-884684_1280

今週はダート重賞の多い週です。昨日は大井競馬場でJBCの開催があり、週末には京都競馬場でみやこSが開催されます。中央と地方とは言えやはり注目度はG1であるJBCのほうが上に思えますが、みやこSからも当然チャンピオンズカップに出走する馬が出てくるわけで、やはりG3といえどチェックしておきたい一戦です。

古豪となりつつあるローマンレジェンド。丹内騎手とのコンビで地方競馬でキャリアを積んできたマイネルクロップ。京都といえばおなじみのソロル。このあたりはダート重賞常連ですが、新星も確認しておきましょう。新星というにはメジャーになってきている3歳馬・ダノンリバティ。

武蔵野Sで復帰予定のノンコノユメ、ダノンリバティ、そして残念ながら不慮の死を遂げてしまったクロスクリーガーが今年注目を浴びた3歳ダートの三銃士といえる存在ではないでしょうか。とはいえ、ダノンのみまだ重賞を勝っていません。重賞2着の安定感はあってもこのままでは、チャンピオンズSはおそらく除外になるでしょう。賞金不足の懸念されるダノンリバティにとってここは勝ってナンボのレース。勝てないようなら来年に期待、といったところです。

ですが、わたしが今回注目しているのは上記のいずれでもありません。ハマったときの印象が強いので、ついつい誰しも馬券のヒモに入れてしまいたくなる馬カゼノコです。ここ3戦は不発が続いていますが、今年の川崎記念では追い込んで2着。ここでは実績上位なはずです。父アグネスデジタル・母タフネススターともに古馬になってからさらに成長を遂げた馬なので、まだまだ4歳のカゼノコにとって伸びしろはここから、ブラッドスポーツというだけに、この事実は興味深い。

人気で不発が多い馬だけに軸にしたい馬ではないでしょうが、ハマったときの破壊力は爽快感バツグンです。想定では浜中騎手とのこと。秋山騎手でもいいですが、浜中騎手、今年は乗れているだけにもし想定どおりなら期待が高まります。