【日経新春杯】2年連続複勝圏内のアドマイヤフライトが今年も挑む!

aircraft-1049593_1280

日経新春杯といえば、こんなイメージではないでしょうか?

  1. G2にしてはメンバーが揃わない。
  2. ハンデ戦だけに人気薄が勝つケースもあるが、勝ってもその後がパっとしない。
  3. この距離の混合戦なのになぜか牝馬が馬券に絡む。

そして大事なことがもう一つあります。それは「リピーターがよく馬券に絡む」レースであるということ。歴代どんな馬がいるのか確認しておきましょう。

ダークメッセージ
2007年3着、2008年2着

テイエムプリキュア
2008年3着、2009年1着

フーラブライド
2014年3着、2015年2着

アドマイヤフライト
2014年2着、2015年3着

過去10年でなんと4頭がリピーター。アドマイヤフジは2006年勝ち馬で翌年1番人気で着外でしたので、100%ではありませんが、かなりの高確率です。さすがに今年はいないでしょうリピーターは、と思ったら、いたんですねすごいのが。なんと3年連続このレースに出走がかかるアドマイヤフライト。夏の丹頂Sから4ヶ月の休み明けで2400mはキツそうに思えますが、昨年も札幌記念からぶっつけで3着と鉄砲が利く馬です。

橋田調教師もアドマイヤフジで果たせなかったこのレースの連覇がかかる大事な一戦だけに調整も万全でしょう。目下3連勝中のシュヴァルグランがおそらくルメール騎手ということもあり1番人気でしょうが、妙味は明らかにリピーターのアドマイヤ。複勝でもかなり美味しいと思いますが、似た勝負服だけに見間違えないようにしたいものです。