【ローズS考察2016】アットザシーサイドが2強に割って入る!

wrought-iron-1368372_1280

甲乙つけ難い。競馬用語でも何でもありませんが、まさに今週のこの両馬にふさわしいことばといえるでしょう。ローズSに出走予定の桜花賞馬ジュエラーとオークス馬シンハライト。

おそらく順調度からオッズではシンハライトに軍配があがるでしょうが、これまでの戦績からすると、ややジュエラーのほうに馬券の妙味はあるのかもしれません。

ビッグアーサーが無事に秋初戦を快勝できたこともあり、藤岡厩舎としてはもう1頭の看板馬もなんとか結果がほしいところではないでしょうか。

先週の紫苑ステークスの勝ち馬が、夏の上がり馬を抑えての快勝のオークス3着馬ビッシュだったことを考えると、新興勢力よりも春の既存勢力が今年は能力では上回っていると思われます。

そういった意味ではこの2頭、今回の着順がどうあれ、本番ではきっちり仕上がってくるのではないかと見ます。

2強の決着で間違いないか?

とはいえ馬券は先を見据えて購入するものでもないので、今回にしぼって両馬につけいる、あるいは割ってはいる馬はいないのか、を考える必要があります。そこで浮かび上がるのが、春の既存勢力、かつこの距離なら見直せる馬。アットザシーサイドです。

オークスは距離が長すぎたか惨敗といえる内容でしたが、阪神コースも得意、かつ今回はオークスよりも距離短縮となります。
秋華賞本番・実力勝負ならシンハライト・ジュエラーに譲りそうですが、トライアルなら、いや、トライアルでこそ買いの馬といえます。

3、4番人気あたりの上位人気にはなってしまうでしょうが、2強オッズが予想されますので、単勝も含め馬券で絡めることをオススメします。