【全日本2歳優駿】1番人気のサウンドスカイ優勝!2歳ダートのチャンピオンに!

4e52726ac389d42f79dbc6d0fda3bd92_s

12月16日(水)に川崎競馬場で開催された2歳ダートの頂上決戦、「第66回全日本2歳優駿(G1)」を制したのは1番人気のサウンドスカイ(戸崎圭太)だった。ダート4連勝で2歳ダートのチャンピオンに輝いた。

デビューから6戦無敗であった4番のポッドガイは左肩跛行の為、出走取消となった。JRAから5頭、地方他地区から3頭、南関東勢3頭の合計11頭による出走となった。馬場状態の発表は稍重で川崎競馬場・ダート1600m(左)で開催された。

レースはアンサンブルライフ(左海誠二)が逃げ、サウンドスカイは6番手の中団から競馬を進めた。11頭は固まった体勢で3コーナーをまわり、直線手前で後ろの手が動き始める。逃げるアンサンブルライフは内で粘るも外からサウンドスカイがこれを交わして抜けだした。さらに外からレガーロ(M.デムーロ)が脚を伸ばすがこれを1馬身半差おさえて見事栄冠を勝ち得た。

勝ちタイムは1分43秒1。1馬身半差の2着にレガーロが入着し、さらにクビ差に逃げたアンサンブルライフが残った。

優勝したサウンドスカイは父ディープスカイ、母アンジェラスキッスという血統。前走の兵庫ジュニアグランプリ(G2、園田・ダート1400m)に引き続き重賞2連勝を達成し、G1初勝利を果たした。