重賞レースてんこ盛りの今週末の見どころまとめ

24085458046_dfce715618_k© Thomas

今週末は世間が3連休。JRAもここぞとばかりに変則3日間開催を行う。ファルコンS・スプリングS・阪神大賞典・フラワーC。阪神大賞典が今年は傑出馬がいないにも関わらず小頭数立てが予想される。最終登録も11頭とフルゲート割れ確定。本来なら1番注目されてもいい、天皇賞・春の重要な前哨戦。しかし、今年は注目度が高くない。

ファルコンSは芝1400Mと言うのが面白い。1200Mでもなく1600Mでもない。芝1400MのG1戦はご存知の通り現行ではない。しかし、1400Mがベストと言う馬は意外に多い。このレースで言うならトウショウドラフタだ。現3歳世代では1400Mで一番強いのはこの馬なのかも知れない。1400Mの適正は非常に高い。駆け引きは必要ないこの馬のペースで走らせれば自然と結果はついてくる。

スプリングSもフルゲート割れ。今年の牝馬クラシック路線の前哨戦は登録馬が多いが、何故か牡馬クラシック路線はフルゲート割れがやたらと多い。スプリングSで人気を集めるであろうロードクエスト。新潟2歳Sの再現となるか?前走ホーフプルSでは勝ち馬ハートレーに上手く乗られてしまった。力負けではない。そのロードクエストに唯一対抗できるのが、武豊騎手鞍上のトレッドノータス。武豊騎手のクラシック有力お手馬の最後の1頭。スマートオーディン・エアスピネルと思った様に結果が残せなかっただけに力が入る。ここは一騎打ちムードが漂う。

最後はフラワーC。ここは登録馬が多い抽選対象だが、藤田奈七子騎手が早くも重賞デビューする可能性もあり、違った意味で注目度が高い。藤田奈七子騎手が騎乗するとどう考えても人気と実力の差はかなり差が出る。普通なら10番人気以下が妥当な馬でも3番人気にまで上昇するということがある。

華のあるジョッキーだけに、早く華々しい活躍を期待したい。今年は新人騎手がまだ勝利をあげていない1番乗りを果たすのはどの騎手だろうか?