戸崎、蛯名、香港G1へ向けて海外渡航届を提出

hong-kong-205968_1280

JRA所属の騎手である戸崎圭太騎手と蛯名正義騎手が、今月JRAに海外渡航届を提出した。

戸崎騎手は、今年の12月13日(日)に香港のシャティン競馬場で開催される「第17回香港スプリント」(G1)にストレイトガールで挑む。今年の5月からとまだ新しいコンビだがヴィクトリアマイル(G1、東京)とスプリンターズS(G1)を優勝している。今春に年内引退が発表され香港スプリントが事実上ラストランとなるが、引退を前にしてG1を2勝するなど活躍が目覚ましい牝馬だ。
昨年の香港スプリントでは岩田騎手とのコンビで3着に入着しており、同レースに挑むのは2度目となる。地方の大井から中央へ、そしていよいよ海外へと挑戦することになる戸崎騎手だが、同じ地方出身の岩田騎手がこの馬で成し遂げられなかった優勝を、同じ馬で有終の美を飾ることはできるだろうか。期待は高まるばかりである。

  • 期間:12/7~10、12/12~15
  • 渡航先:香港
  • 理由:招待レース騎乗、香港スプリント(G1)騎乗のため

蛯名騎手は、同じく今年の12月13日(日)に香港のシャティン競馬場で開催される「第25回香港マイル」(G1)にダノンプラチナで挑む。前走富士S(G3、東京)では東京のマイルを制して態勢は整った。ストレイトガールと違って同馬は初の海外遠征となるので輸送の不安などはあるが、国内のマイル戦では負けなしのマイルのスペシャリストだ。蛯名騎手は'95年に香港カップでフジヤマケンザンで海外重賞を果たしたり、'99年の凱旋門賞ではエルコンドルパサーで2着に入着するなど海外でも健闘してきた騎手である。デビューから手綱を握り続けてきているダノンプラチナにとっては心強い騎手で、初の海外G1制覇の期待も高まる。

  • 期間:12/12~15
  • 渡航先:香港
  • 理由:香港マイル(G1)騎乗のため