【優駿牝馬オークス・G1】アタマ堅けりゃヒモ荒れる!今年はヒモ荒れに警戒!

keiba

今週から2週にわたり東京競馬場の芝2400mでビッグレースが開催。今週はオークス、そして来週は日本ダービーと春競馬はピークを迎えます。

今年はハイレベルな3歳牡馬が注目を集めており日本ダービーの予想に力が入りますが、牡馬と違ってこの時期に初めて2400mを経験する馬が多い牝馬勢は未知の距離への挑戦ということで荒れることもしばしば。高配当が期待できるという意味ではオークスの方が予想のし甲斐はあるとも言えます。

シンハライトは堅い!狙うならヒモ荒れを狙え!

今年は桜花賞馬のジュエラーとNHKマイルカップの勝馬メジャーエンブレムが回避したことによってシンハライトの1強ムードとなっております。確かにメンバーの戦績を見るとシンハライトが抜けている印象は否めません。ここはシンハライトで堅いと予想するのは仕方ないとしても、相手は荒れそうな馬で満載です。「アタマ堅けりゃヒモ荒れる」と予想して穴馬探しに力を入れる競馬ファンも少なくなさそうですね。

筆者もそのうちの一人なのですが、さっそく現在筆者が注目している穴馬を1頭紹介したいと思います。今狙いたいと考えている穴馬候補はペプチドサプルです。父マンハッタンカフェに母父サクラローレルという血統で東京2400mの適性はありそうな血統です。重賞ではアルテミスSと阪神JFの2レースで4着に入着しており、その後OP戦でもすべて4着以上に入着しています。オープン馬さながらの結果を残していることからも、まだまだ伸びしろに期待できそうです。

2走前の忘れな草では2着に敗れるも、その後の500万下で勝利してオークスへ登録。ちゃっかりボーダーラインに残って抽選を突破してくるあたりが何だか不思議な魅力があり、惹きつけられます。阪神JFではアットザシーサイド、デンコウアンジュ、アドマイヤリードに先着していますし力関係としてはこの辺と同格と見ていますが、その見解が正しければそれにしてはオイシイ人気と言えるでしょう。中1週となるので疲れだけが心配ですが、頑張り屋さんのこの子なら穴をあけてくれそうな気もします。ハイレベルな馬同士の堅い決着となりそうな気配が漂うダービーを前に、今週は東京で一波乱あってもおかしくありません。