【北九州記念2016予想】前走どのレースを使った馬が有利か?

two-wild-horses-stand-closely-together-equus-ferus

北九州記念が行われる小倉競馬場。連日35度を超える猛暑が続いくと流石に身に堪える。ジョッキーも土日騎乗すると3、4キロは体重が落ちると言うから1年間で1番厳しい開催。

競馬を見るファンは場所を選べる。エアコンが効いた自分の部屋で馬券を買うことも出来るが、騎手はそうはいかない。選べるのはどの競馬場で騎乗するかだけ。それも全てのジョッキーではない。若手ジョッキーなどは選べないケースが多い。

さて肝心かなめの北九州記念。前走、表題の通り前走どのレースを使った馬が有利であるかは、アイビスサマーダッシュ組が一番有利。ベルカント・プリンセスムーンなど、このレースで馬券の中心になるであろう馬。夏女ベルカント連勝となるか?続くのがCBC賞組。一番レベルの低いのがオウノミチなどが出走したバーデンバーデンカップ組。このレベルの馬が人気になってくれるなら有り難い。アイビスSD組と大きな差がある。オウノミチとベルカントのハンデ差は2キロしかない。5キロくらいないと厳しいだろう。重賞実績とは非常に大きいものがある。今回はアイビスSD組に軍配が上がる可能性が極めて高いレース。後は、すべての馬に言えることだが、この暑さを跳ね返す事が出来るか?ここが意外に大きなポイントになる。