ご贔屓のジョッキーは神対応?それとも塩対応?

shake-hand-369025_1280

AKB48やアイドルの話ではないですが、皆さん一押しのジョッキーはいると思います。ジョッキーにも色んな性格があります。先ず、原点である競馬学校卒業後、新人ジョッキーとしてデビューする訳ですが、ここが一つポイントですね。最初はどの騎手も神対応です。自分の存在を猛アピールします。勝利を飾ってウィナーズサークルにサインを求めにやってきたファンに時間の許す限りサインをします。これは完全なる神対応ですね。新人時代は皆そうです。

逆に新人時代から塩対応しているジョッキーがいたら怖いですね。相当ナルシストで将来必ず大物になると思っているタイプですが、そんな新人ジョッキーは今まで存在しません。当たり前の事です。ファンあっての競馬ですからね。時にはパドックできつい言葉でヤジを飛ばされる事もあるでしょう。競馬ファンも必死なのです。ここで、ヤジを飛ばされると言う事はその競馬ファンもそのジョッキーの事を認めている証でもあります。期待して買ったが残念な結果に終わった。これは新人ジョッキーに限らずよくある事です。

ウィナーズサークルに行くと。一生懸命サインをするジョッキーと、サインをしないで足早に引き返すジョッキーがいます。流石に武豊騎手は神対応のようです。競馬会のレジェンドが神対応しているのですから、出来れば塩対応のジョッキーはいて欲しくありませんが実際にいますからね。

ジョッキーと至近距離で会話を楽しめる場所も実はあります。一口馬主のサマーパーティーです。ここだけは日頃塩対応のジョッキーも神対応になります。どこのクラブがいいか?キャロットクラブでしょうね。代表は情報ライブミヤネ屋にもコメンテーターとして出演している手島龍一氏。キャロットクラブは社台系列ですから、社台グループの総帥吉田照也氏なども来ますし、ジョッキーも塩対応が出来ないのです。大体参加費は1万円です。クラブの会員である事が条件になりますが、競馬仲間を増やしたい場合などにはうってつけの場所になるのではないでしょうか?