【有馬記念2015】ラストインパクトには菱田裕二騎手、デビュー4年目の正念場

jockey_hat

短期免許で来日中のR.ムーア騎手が香港ジョッキークラブ裁決委員より騎乗停止処分を受けたことにより、12月27日に開催される「第60回有馬記念」で騎乗予定であったラストインパクト(牡5、松田博資)の鞍上は菱田裕二騎手になることが決定した。

菱田騎手はデビュー4年目の若手騎手。昨年の有馬記念もラストインパクトとのコンビで挑んでいるが、結果は7着に敗れている。今回の有馬記念でコンビを組むのは4度目となり、同コンビで昨年の雪辱を果たしたいところ。重賞初制覇もかかっているがこの大舞台でどこまで力を発揮できるかというところにかかっている。

2走前の天皇賞秋でも菱田騎手が騎乗しているが、レースは内で詰まって先手を取れず、行くとこ行くとこ全部前が詰まって力を出しきれずに消化不良のレースとなってしまった。前走のジャパンカップではR.ムーア騎手が内の好位を確保し直線でもロスのない運びで同馬を2着に導いた。本来ムーア騎手がそのまま騎乗する予定であったことと、前走好騎乗が光ったこともあり、菱田騎手にとって今年の有馬記念は例年以上にプレッシャーがかかるレースとなるかもしれない。

デビュー4年目の騎手の中では勝利数が多い騎手だが、大舞台での活躍はまだない。有馬記念という日本で最大級のビッグレースで見せ場を作ることができれば騎手として今後の成長に更なる期待が持てるだろう。ラストインパクトという良馬で有馬記念という大きな舞台に挑めることは大きなチャンスなので、次世代を担う騎手として頑張ってもらいたい。