【スプリングS予想2018】勝馬に当てはまる3つのデータとは?

皐月賞トライアルのスプリングSが今週末に中山競馬場で開催されます。本番より1F短い1800mで実施されるのも面白いポイントで、牡馬クラシックを占う注目の一戦をデータから紐解いていきたいと思います。

■前走が1800m以上のレースだった馬

過去10年の勝馬10頭中9頭の馬は、前走が1800m以上のレースだった馬でした。マイル路線から距離延長して挑む馬もよく見られるレースですが、距離を延長して挑んだ馬が1勝なのに対し、同距離・距離短縮で挑んだ馬は9勝と断トツです。勝馬に関しては、同距離・距離短縮組が中心となります。

過去10年の前走距離データ
前走距離成績勝率連対率複勝率
1200m0-0-0-10.0%0.0%0.0%
1400m0-0-0-50.0%0.0%0.0%
1600m1-4-4-342.3%11.6%20.9%
1800m5-4-4-3510.4%18.8%27.1%
2000m4-1-2-3210.3%12.8%17.9%
2200m0-1-0-50.0%16.7%16.7%
2400m0-0-0-10.0%0.0%0.0%
距離延長1-4-4-412.0%10.0%18.0%
同距離5-4-4-3510.4%18.8%27.1%
距離短縮4-2-2-388.7%13.0%17.4%

■前走3着内だった馬

上記で、過去10年の勝馬10頭中9頭は「前走1800m以上のレースを出走していた」と記しましたが、実はこの9頭は全て前走で「3着内」に入着しておりました。

スプリングSの過去10年のデータと傾向でも示しましたが、過去10年の勝馬は全て前走が3着内だった馬で、4着以下だった馬は勝ち星をあげれておりません。前走が6着以下だった馬で馬券に絡んだのは1頭のみとなっており、基本的には前走で好走した馬から狙っていくのがセオリーと言えそうです。

前走着順データ
前走着順成績
1着6-6-4-48
2着1-1-5-14
3着3-0-0-3
4着0-1-1-7
5着0-1-0-11
6~9着0-1-0-18
10着以下0-0-0-13

■上がり3F最速タイムでの勝利経験がある

過去10年の勝馬10頭中8頭は、過去に上がり3F最速タイムをマークした経験がある馬で、うち7頭は上がり最速での勝利経験がある馬でした。中山の1800mは序盤のコース形状からもペースは速くなりにくく、上がりの競馬にはなりにくいといった印象がありますが、上がりの速い決着に適性のある馬が好走する傾向にあるようです。

実際、昨年のスプリングSも上がり1位、2位、3位の順番で決着しており、データ通りの傾向となっております。前週に開催された同コースの中山牝馬Sでも上がり2位、3位、1位という順番で決着しており、同日は上がり時計が上位の馬が好走する馬場となっておりました。

しかし、今年は、先週の中山牝馬Sの結果を見ると、カワキタエンカが逃げ切り勝ちを果たし、2着馬のフロンティアクイーンも3番手からの好位追走という前残りの決着となっております。その日の上がり1位の馬は1勝のみで、土日の2日間を合わせても「2-2-2-7」という成績で、前残りの決着が目立ちます。中山競馬場の馬場状態によるところが大きいと思うので、信頼しすぎるのも危険なデータとも言えそうです。土日に馬場を再度チェックし、改めて判断したいと思います。

■まとめ

上記のデータ・傾向をまとめます。

  • 前走が1800m以上
  • 前走が3着内
  • 上がり最速タイムで勝利経験がある

今回は人気上位に推されている馬が全くと言っていいほど当てはまりませんでした。

優勝候補の最右翼と目されているステルヴィオは前走はマイルの朝日杯FSでした。マイラー色が強く、距離を不安視する人も少なくないと思いますが、データ的にも距離延長はマイナス材料となります。この一戦で今後の路線も変わってくる可能性があるだけに、距離の不安を克服できるかどうかは大きな見所の一つとなりそうです。

モーリスの全弟として注目されているルーカスは、前走のホープフルSで6着に敗れており、こちらも買いづらいデータとなっております。しかし、ハイペースで良さが出なかったとも言えますので度外視することも可能でしょう。巻き返しを果たせるかどうかが見所となりそうです。

ということで、今回あげた3つのデータに当てはまるのは、ハッピーグリン、ビッグスモーキー、レノヴァールの3頭となります。

ハッピーグリンは北海道の馬で、ビッグスモーキーは前走が初の芝レース。いずれもダートの方が実績があり伏兵的立場となりそうな馬ばかりですが、今年は人気上位にもそれなりに不安があるため、狙ってみる価値は十分ありそうです。