愛知杯(2020)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

今週は牝馬限定のハンデG3「愛知杯」が開催。今年の夏に開催される東京オリンピックの関係で夏の小倉は開催休止となり、今年は中京の替わりに小倉が1月から開催となります。“愛知”の要素は全くありませんが、今年の愛知杯は小倉競馬場での開催となります。

今回は休止となった2015年を除いた過去10年間(9回分)のデータをもとに愛知杯の傾向を探っていきたいと思います。ただし、今年は小倉開催ということでデータ的に開催場所の要素が問われる「枠番」と「脚質」が全く当てはまらなくなりますので、「枠番」と「脚質」については小倉競馬場の芝2000mで行われた過去10年の全重賞レースを対象に傾向を分析いたしました。少しでも参考になれば幸いです。

■上位人気不振、波乱傾向はかなり強め

人気は「1・6・8番人気」が2勝ずつを挙げており、勝ち馬は「1~12番人気」まで満遍なく来ております。「2番人気」は1勝のみ、「3・4番人気」に至っては連対数が0回と上位人気が不振です。また、「10番人気以下」は勝利数こそ1回のみですが、2着は4回、3着2回と2・3着にはよく絡みます。471万円という超高額配当も飛び出しており、波乱傾向はかなり強めのレースです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気2214
2番人気1125
3番人気0018
4番人気0027
5番人気0108
6番人気2016
7番人気1008
8番人気2007
9番人気0108
10番人気0216
11番人気0108
12番人気1008
13番人気0018
14番人気0108
15番人気0008
16番人気0007
17番人気0006
18番人気0006
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0001
2.0~2.9倍0001
3.0~3.9倍0102
4.0~4.9倍1111
5.0~6.9倍11210
7.0~9.9倍10310
10.0~14.9倍31112
15.0~19.9倍00012
20.0~29.9倍13121
30.0~49.9倍22128
50.0~99.9倍00016
100.0倍以上00012
馬単/三連単データ
馬単三連単
20106,060円29,130円
201114,470円79,370円
201226,510円219,120円
2013128,510円4,712,080円
20142,160円40,420円
2015-円-円
201629,510円345,200円
201713,050円120,440円
201822,260円12,160円
201915,040円99,140円
該当馬 1番人気
  • センテリュオ(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1センテリュオ2.9
2サラキア3.3
3パッシングスルー6.2
4アロハリリー7.0
5フェアリーポルカ11.2
6アルメリアブルーム14.4
7レッドランディーニ20.8
8デンコウアンジュ25.3
9ポンデザール33.6
10ランドネ41.4
11レイホーロマンス52.7
12サヴォワールエメ63.3
13モルフェオルフェ78.9
14カレンシリエージョ84.5
15リリックドラマ124.7
16ウインラナキラ198.3

■「外枠」&「先行」が好成績

コースは小倉競馬場の芝2000mを使用します。上記でも記したように「愛知杯」は例年中京の芝2000mで行われるレースですが、今年は小倉での開催となるため、今回「枠番」と「脚質」については小倉競馬場の芝2000mで行われた過去10年の全重賞レースを対象に傾向をいたしました。レース傾向ではなく、コース傾向となりますので予めご了承ください。

枠は「6枠」と「8枠」が最多の4勝を挙げており、「6枠」は連対数も最多です。「1枠」は1勝のみで2着が0回となっており、最内が不振です。外枠の好走が目立っております。

脚質は「先行」が最多の11勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。小倉の2000mば典型的な小回り・平坦コースで、1コーナーの坂の上で息が入り、短い直線をそのまま先行馬が残るケースが多いです。こうしたコース形態も先行の好走が多い要因の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠10319
2枠31218
3枠22120
4枠03222
5枠03224
6枠43122
7枠11231
8枠42228
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ01212
先行116537
差し34671
追い込み13263
マクリ0101

※上記の「枠番データ」と「脚質データ」は、小倉競馬場の芝2000mで行われた全重賞の過去10年分のデータになります。

該当馬 先行馬候補
  • アロハリリー
  • ランドネ
  • モルフェオルフェ
  • リリックドラマ

■ハンデが「56kg」だった馬に注目

ハンデは、2勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「56kg」に注目です。馬体重の増減は、「10kg以上」馬体を減らしている馬は3着1回のみとなっており、割り引いて考えた方が良さそうです。

ハンデデータ
斤量1着2着3着4着以下
~50kg11019
51kg12014
52kg02019
53kg10331
54kg20124
55kg11111
55.5kg1111
56kg2236
56.5kg0000
57kg0001
57.5kg0000
58kg0000
58.5kg0000
59kg~0000
馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg0018
-9~-4kg32323
-3~+3kg16259
+4~+9kg31229
+10~+19kg1015
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0000
今回減33543
同体重11122
今回増55361
該当馬 ハンデが56キロの馬
  • デンコウアンジュ

■前走レースが「エリザベス女王杯」だった馬に注目

前走レースは、最多の4勝を挙げている「エリザベス女王杯」に注目です。前走着順は「1着」が最多の2勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多ですが、前走で「6着以下」に敗れた馬も4勝を挙げており、大敗馬の巻き返しも目立っております。前走着順については掲示板外に敗れた馬についても警戒しておく必要があります。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
エリザベス女王杯(G1)43227
2勝クラス1100
カウントダウンS(3勝クラス)1021
衣笠特別(2勝クラス)1002
ターコイズS(G3)1001
マーメイドS(G3)1000
ユートピアS(3勝クラス)0116
アンドロメダS(OP)0102
修学院S(3勝クラス)0105
ターコイズS(OP)0104
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
2勝クラス22011
3勝クラス12433
オープン特別02221
G320114
G20006
G143239
海外0000
地方0002
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着22419
2着1014
3着1208
4着00010
5着1236
6~9着21141
10着以下22038
該当馬 前走がエリザベス女王杯だった馬
  • センテリュオ(4着)
  • サラキア(6着)
  • アルメリアブルーム(8着)
  • レッドランディーニ(14着)
  • ポンデザール(16着)

■どの騎手にもチャンスあり

騎手は2勝以上挙げている騎手はおらず、傾向らしい傾向は見られません。騎手についてはどの騎手にもチャンスがあると考えて良さそうです。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
津村明秀1101
藤岡康太1014
川須栄彦1013
酒井学1004
四位洋文1002
宮崎北斗1001
岩田康誠1000
田辺裕信1000
太宰啓介1000
横山和生0101
川島信二0102

※現役騎手のみを表示しております。