オールカマー(2019)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

天皇賞秋の前哨戦として知られる「オールカマー」。天皇賞秋以外にも、エリザベス女王杯へのステップレースとして位置付けられており、近年はG1ウィナーの参戦も多く注目の一戦となっております。今回は過去10年間のデータをもとにオールカマーの傾向を探っていきたいと思います。

■「1番人気」は複勝率80%、堅実な傾向

「1番人気」は最多の3勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。また、勝率(30%)・連対率(70%)・複勝率(80%)の全てがトップです。複勝率は80%と高く、信頼度は高く、データ的には軸に最適です。「2・3番人気」も複勝率はいずれも50%を超えておりまずまずで、上位人気は堅実です。

下位人気を見てみますと、「10番人気以下」は3着が1回のみとなっており(0-0-1-49)、穴馬は激走はほとんどありません。過去10年で3連単が10万馬券以上だったのは1回のみで、波乱は少なく堅実な決着傾向が強いレースと言えるでしょう。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3412
2番人気2134
3番人気2215
4番人気0109
5番人気2008
6番人気0136
7番人気0118
8番人気00010
9番人気1009
10番人気0009
11番人気0008
12番人気0017
13番人気0006
14番人気0006
15番人気0006
16番人気0004
17番人気0002
18番人気0001
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍1000
2.0~2.9倍2303
3.0~3.9倍1230
4.0~4.9倍1002
5.0~6.9倍0125
7.0~9.9倍4105
10.0~14.9倍01112
15.0~19.9倍01310
20.0~29.9倍01013
30.0~49.9倍10115
50.0~99.9倍00016
100.0倍以上00029
馬単/三連単データ
馬単三連単
20091,610円4,830円
20102,260円13,170円
20111,650円6,120円
20122,740円31,940円
201321,420円64,420円
201411,430円255,930円
20152,390円24,060円
20161,240円8,070円
20173,700円20,150円
2018690円1,640円
該当馬 1番人気
  • ウインブライト(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ウインブライト2.3
2レイデオロ3.2
3ミッキースワロー5.4
4スティッフェリオ9.8
5クレッシェンドラヴ15.7
6グレイル18.4
7ゴーフォザサミット33.1
8ショウナンバッハ60.3
9エンジニア125.6
10トニーファイブ167.5

■勝ち馬は「外枠」から出やすい、脚質は「先行」が好成績

コースは中山競馬場の芝2200mを使用。枠番は、「5・6・7枠」が2勝ずつを挙げており、勝ち馬は外枠から出やすい傾向があります。ただ、連対数は「1・2・3枠」が多く、連対率は内枠が優秀です。複勝率は「2枠」の42.9%、「5枠」の43.8%が好成績です。全体的には満遍なく来ておりますが、1着の予想や2・3着の予想によって傾向が変わってくるので、馬券種に応じて傾向を当てはめてみるのが良さそうです。

脚質は、「先行」が最多の5勝を挙げており、連対数も最多です。また、勝率(15.2%)・連対率(27.3%)・複勝率(36.4%)の全てにおいてトップです。中山の2200mは外回りでコーナーも緩やかで、最後の直線も短いため、前を行く馬が有利になりやすいコース形態となっていることも先行馬が好成績を挙げている要因の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0309
2枠1238
3枠12011
4枠01112
5枠2149
6枠20113
7枠20015
8枠10018
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1008
先行54321
差し35527
追い込み00137
マクリ0001

※上記の「枠番データ」と「脚質データ」は、新潟競馬場で行われた2014年を除いた過去9回分のデータになります。

該当馬 先行馬候補
  • スティッフェリオ
  • トニーファイブ

■馬体重の増減が「+4~+9kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の3勝を挙げている「+4~+9kg」に注目。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg10214
-9~-4kg22229
-3~+3kg25338
+4~+9kg32219
+10~+19kg1119
+20kg~0001
不明・初出走・未更新1000
今回減34654
同体重11015
今回増55441

■「4歳」が好成績

年齢は、「4・5・6歳」が3勝ずつを挙げており、どの年齢もよく絡みます。ただ、好走率ベースでは「4歳」が勝率(12%)・連対率(28%)・複勝率(40%)の全てにおいてトップとなっており、好成績です。

性別は、8勝を挙げている「牡馬」が中心となります。「牝馬」も16頭中4頭が馬券に絡んでおり、複勝率は25%と低くはありません。2015年は1・2着が牝馬で決まっており、性別で大きく割り引く必要はなさそうです。

所属は、8勝を挙げている「美浦」が優勢です。「栗東」も2着は8回と多く、連対数では美浦と同じなので、2着までなら東西で大きな差はありません。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳0001
4歳34315
5歳33437
6歳33122
7歳10219
8歳以上00010
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬22012
牡馬881098
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦82768
栗東28342
地方0000
外国0000
該当馬 4歳馬
  • グレイル
  • ゴーフォザサミット
  • トニーファイブ

■前走レースが「宝塚記念」だった馬に注目

前走レースは、最多の3勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「宝塚記念」に注目。前走着順は、「1着馬」が3着内の回数は最多ですが、勝利数は1勝のみ。前走「6着以下」が5勝を挙げており、3着内も10回と少なくないので、前走が掲示板外だった馬の巻き返しにも注意したいところです。

前走データ
前走1着2着3着4着以下
宝塚記念(G1)3425
七夕賞(G3)1103
天皇賞春(G1)1104
ヴィクトリアマイル(G1)1101
札幌記念(G1)10111
天皇賞秋(G1)1000
新潟大賞典(G3)1000
ドバイシーマクラシック(G1)1000
小倉記念(G3)0105
安田記念(G1)0101
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
未勝利0001
3勝クラス00010
オープン特別00216
G322347
G210322
G167212
海外1101
地方0001
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着12217
2着00214
3着2004
4着1126
5着1248
6~9着23027
10着以下32034
該当馬 前走が宝塚記念だった馬
  • レイデオロ(5着)
  • スティッフェリオ(7着)

■騎手は「戸崎圭太」に注目

騎手は、2勝以上を挙げている騎手はおらず、極端に好成績を挙げている騎手はおりません。今回は、今年騎乗予定のある騎手の中で唯一勝利実績がある「戸崎圭太」を注目騎手に挙げたいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
池添謙一1201
北村宏司1104
戸崎圭太1102
田辺裕信1006
横山典弘1004
柴田善臣1006
吉田隼人1006
C.ルメール1000
川田将雅0110
武豊0110
北村友一0101

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬 戸崎圭太騎手の騎乗予定馬
  • グレイル