有馬記念(2019)当日の馬場は?12月の馬場傾向を距離別データで分析予想

今週の中山の日曜メインは「有馬記念」。一年の総決算とも言われるレースなだけに、この一戦にかける想いは皆強いでしょう。中山での開催ということで、「馬場状態」を大きな要素として考えているファンも多いと思います。ということで、今回は中山競馬場の馬場傾向を把握するため、12月に行われた中山の芝レースの「脚質」と「枠順」のデータを距離別にまとめてみました。

■芝2200m~

対象レースは1勝クラスと2勝クラスの2レースです。脚質は、「先行」と「差し」が1勝ずつを挙げており、傾向らしい傾向は見られません。1勝クラスの勝ち馬は、6枠から2番手に付けて直線で抜け出し勝利するという内容。2勝クラスの勝ち馬は6枠から内で控えて脚をため、直線で外に出されて叩き合いを制すという内容でした。

枠はいずれのレースも「6枠」から勝ち馬が出ております。2勝クラスは7頭立てでしたので、6枠とは言え外から2番目と比較的外目の枠となります。一般的には、2200m以上の距離になるとコーナーを回る回数も多く、内をロスなく立ち回れる先行馬が有利になりやすくなる傾向がありますが、ここでは内枠が有利だったり先行馬が有利という傾向はとくに見られませんでした。

脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0002
先行1114
差し1108
追い込み0015
マクリ0000
枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0111
2枠0003
3枠0102
4枠0003
5枠0003
6枠2001
7枠0013
8枠0003

■芝2000m

対象レースはほとんどが新馬・未勝利です。脚質は、「先行」が最多の2勝を挙げており、連対数と3着内の回数も断トツです。勝ち馬は全て「逃げ・先行」となっており、前残り傾向が顕著になっております。

枠は「1~2枠」が3着内が0回となっており、内枠が不振です。中山の2000mは最初のコーナーまでの距離が約405mと長く、外枠の馬でも内に潜りやすいという特徴があります。内枠に入っても有利に展開できるわけではないと考えたいところです。

脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1003
先行2338
差し01119
追い込み00017
マクリ1001
枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0006
2枠0006
3枠1023
4枠1006
5枠1025
6枠0107
7枠0108
8枠1207

■芝1800m

対象レースには、リステッド競走のディセンバーステークスをはじめ、3勝クラスの常総ステークスなど上位クラスの競走があります。脚質は「先行」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も断トツです。中山の芝1800mは最初のコーナーまでが約205mと短く、スタート後にすぐに急坂を上がるため極端に速いペースにはなりにくいです。そのため、前のポジションを取った馬が有利に競馬をしやすいという特徴があります。これも先行馬の成績が良い要因の一つと考えられます。

枠は「1・3・6枠」が最多の2勝ずつを挙げております。また、勝ち馬は7頭中5頭が「1~3枠」に入っていた馬だったということで、勝ち馬は内枠から出やすい傾向となっております。上記でも記したように、同コースは最初のコーナーまでの距離が短く、コーナー手前の直線は緩やかな上り坂となっているため、内枠が有利になりやすい特徴があります。こうしたコース形態も内枠が好成績を挙げている要因の一つとなっている可能性が高そうです。

脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0124
先行55214
差し20233
追い込み00133
マクリ0100
枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠2019
2枠12010
3枠20011
4枠00112
5枠02110
6枠2029
7枠01112
8枠02111

■芝1600m

対象レースは新馬・未勝利がほとんどですが、G3のターコイズステークスがあります。脚質は「逃げ」が最多の4勝を挙げており、逃げ馬の好走率が非常に高くなっております。ターコイズステークスでもコントラチェックが単騎逃げの形に持ち込んで逃げ切っております。「先行」と「差し」の成績に差はありませんが、逃げ馬の成績を考慮すると前残り傾向が強いと言って良いでしょう。

枠は「1~3枠」が2勝ずつを挙げており、内枠有利な傾向が顕著になっております。「6~8枠」は3着内が1回のみとなっており、外枠が大不振です。スタートしてから最初のコーナーまでが約240mと短く、3コーナー途中まで下り坂がずっと続くため、ペースも速くなりがちです。外々を回らされる馬は不利になりやすい特徴があるのも外枠の成績が不振な要因の一つと考えられます。

脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ4114
先行23420
差し24331
追い込み00043
マクリ0000
枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠22011
2枠23010
3枠21210
4枠01410
5枠11211
6枠00015
7枠10015
8枠00016

■芝1200~1400m

対象レースには、リステッド競走のラピスラズリステークスや、3勝クラスの南総ステークスなどの上位クラスがあります。脚質は「差し」が最多の3勝を挙げておりますが、「逃げ」が2勝を挙げており、「先行」も勝ち馬こそ0ですが2着4回・3着3回と3着内の回数は多く、どの脚質も満遍なく来ております。

枠は「1枠」と「5枠」が2勝ずつを挙げております。好走率ベースで見ても「1枠」は連対率と複勝率が50%、「5枠」も複勝率は55.6%といずれも高い好走率をマークしております。「2・3枠」が3着内が0回となっており、「1枠」以外の内枠は不振です。全体的にはやや外枠が有利となっております。

脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ2003
先行04312
差し31219
追い込み00020
マクリ0000
枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠2204
2枠0008
3枠0008
4枠0107
5枠2124
6枠0009
7枠1035
8枠0109

■まとめ

芝全体の成績を見てみますと、「逃げ・先行」が好成績を挙げており、傾向的には前残り傾向であると言って良さそうです。枠は「1枠」の成績が良く、内枠の成績が優秀です。内枠の中でもとくに1枠に入った逃げ・先行馬は有力視したいところです。

脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ72316
先行11161358
差し778110
追い込み002118
マクリ1101
枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠65231
2枠35037
3枠52434
4枠12538
5枠44733
6枠41241
7枠22543
8枠15146