朝日杯フューチュリティステークス(2017)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

12月17日(日)は阪神競馬場で「朝日杯フューチュリティステークス」が開催されます。年末のホープフルステークスが今年からG1に格上げされたため、2歳のローテーションの選択肢の幅も広がりました。今後朝日杯フューチュリティステークスの傾向も少しずつ変わってくる可能性がありそうですが、今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心に過去の10年の傾向を探っていきたいと思います。(※一部データは過去3年間のデータ)

3年連続で10番人気以下が馬券圏内に、近年は波乱傾向に・・・!

人気データ
人気成績
1番人気3-2-1-4
2番人気2-1-1-6
3番人気1-0-2-7
4番人気1-2-1-6
5番人気1-1-2-6
6番人気1-1-0-8
7番人気1-1-0-8
8番人気0-0-1-9
9番人気0-0-0-10
10番人気0-1-0-9
11番人気0-0-1-9
12番人気0-0-1-9
13番人気0-0-0-10
14番人気0-1-0-9
15番人気0-0-0-10
16番人気0-0-0-10
17番人気0-0-0-2
18番人気0-0-0-2
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-2-0-1
2.0~2.9倍1-0-0-2
3.0~3.9倍1-0-0-1
4.0~4.9倍1-0-1-3
5.0~6.9倍3-2-2-7
7.0~9.9倍1-1-1-7
10.0~14.9倍2-1-3-14
15.0~19.9倍0-2-1-7
20.0~29.9倍0-1-0-15
30.0~49.9倍1-0-0-20
50.0~99.9倍0-1-2-22
100.0倍以上0-0-0-35
馬単/三連単データ
馬単三連単
200713,340円139,620円
20083,680円17,230円
2009980円6,720円
201011,750円67,910円
20112,180円30,630円
20127,770円54,880円
201313,000円162,960円
201420,260円133,570円
20151,340円38,560円
201611,430円221,200円

1番人気は連対率が50%とまずまずの成績ですが、10番人気以下の人気薄が3年連続で馬券に絡んでおり、近年はやや波乱傾向が強いレースとなっております。10番人気以下で馬券になった4頭は、重賞やオープン特別で連対実績のある馬でした。

【該当馬】10番人気以下で重賞・オープン特別で連対実績のある馬(下記「予想オッズ」を参考):
ファストアプローチ
アイアンクロー

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ダノンプレミアム2.4
2タワーオブロンドン3.6
3ステルヴィオ6.9
4ダノンスマッシュ13.7
5フロンティア18.5
6アサクサゲンキ20.2
7カシアス29.6
8ダブルシャープ32.4
9ケイアイノーテック40.5
10ファストアプローチ55.7
11ムスコローソ81.5
12ケイティクレバー124.6
13ヒシコスマー189.6
14ナムラアッパレ210.3
15ライトオンキュー265.1
16ニシノベースマン327.3
17イシマツ354.6
18アイアンクロー368.3

出走予定馬と独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

「外枠」&「差し・追い込み」が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠1-0-0-5
2枠0-0-1-5
3枠0-1-0-5
4枠0-0-0-6
5枠0-1-0-5
6枠0-1-0-5
7枠0-0-2-6
8枠2-0-0-6
脚質データ
脚質成績
逃げ0-0-1-2
先行0-0-0-12
差し2-2-2-16
追い込み1-1-0-13
マクリ0-0-0-0

コースは2013年までは中山の芝1600mで行われておりましたが、2014年からは阪神の芝1600mへ変更。「枠番」と「脚質」のデータについては阪神で開催された2014~2016年の過去3年間のデータを掲載いたしました。

枠は8枠が最多の2勝をあげております。過去3年で馬券に絡んだ3着内9頭中5頭は6枠から外の馬でした。不利も受けづらく、外回りで直線も長いこともあり、外枠のアドバンテージが生きてくるコースと言えるでしょう。

脚質はほとんど差し・追い込みできまっており、逃げ・先行が不振です。約474mある長い直線や、ゴール前の高低差1.8mの急坂などが差し馬にとって有利に働きやすくなる要因となっている可能性考えられます。

【該当馬】差し・追い込み馬:
タワーオブロンドン
ステルヴィオ
ダブルシャープ
ヒシコスマー
ライトオンキュー

馬体重は「-9kg~-4kg」が好走傾向に

馬体重データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg0-0-0-2
-9~-4kg5-0-2-17
-3~+3kg1-6-4-64
+4~+9kg3-4-2-41
+10~+19kg1-0-2-10
+20kg~0-0-0-0
今回減6-0-3-40
同体重0-1-1-23
今回増4-9-6-71

馬体重は「-9kg~-4kg」だった馬が最多の5勝をあげております。

前走「ベゴニア賞」&前走「1着馬」に注目

前走データ
前走成績
ベゴニア賞(500万下)3-0-0-5
東京スポーツ杯2歳S(G3)2-2-1-14
京王杯2歳S(G2)1-5-2-31
きんもくせい特別(500万下)1-0-1-1
新馬1-0-0-4
新潟2歳S(G3)1-0-0-0
デイリー杯2歳S(G2)0-2-2-15
前走クラスデータ
前走成績
新馬1-0-0-4
未勝利0-0-0-6
500万下5-1-4-35
オープン特別0-0-1-22
G33-2-1-19
G21-7-4-46
前走着順データ
前走着順成績
1着9-5-7-63
2着0-2-2-22
3着0-1-1-5
4着1-1-0-9
5着0-0-0-6
6~9着0-1-0-21
10着以下0-0-0-8

前走は、東京芝1600mで行われるベゴニア賞が最多の3勝をあげております。重賞だと東京スポーツ杯2歳Sと、京王杯2歳Sが好成績。

前走着順は勝ち馬10頭中9頭が前走1着だった馬です。前走5着以下だった馬からは2着馬が一頭のみです。

【該当馬】前走ベゴニア賞:
該当馬なし

前走東京スポーツ杯2歳S、京王杯2歳S:
アサクサゲンキ(京王杯2歳S・3着)
カシアス(京王杯2歳S・2着)
タワーオブロンドン(京王杯2歳S・1着)

騎手は「M.デムーロ」に注目

騎手データ
騎手成績
M.デムーロ3-0-0-2
蛯名正義1-1-1-5
勝浦正樹1-1-0-5
岩田康誠1-0-1-4
C.ウィリアムズ1-0-0-1
小牧太1-0-0-4
四位洋文1-0-0-2
R.ムーア1-0-0-1
武豊0-1-1-5

騎手は最多の3勝をあげているM.デムーロ騎手が好成績。1~3着に1回ずつ入着している蛯名正義騎手も注目。

【該当馬】M.デムーロ騎手の騎乗予定馬:
該当馬なし