【弥生賞2022予想】皐月賞の最重要ステップ!ドウデュースやジャスティンロックなど出走予定馬を考察

今週は皐月賞への最重要ステップレースとして位置づけられている「弥生賞」が中山競馬場で開催。皐月賞のステップレースの中でも最もレベルの高いメンバーが集まるとされているだけに、見逃せない一戦です。今回は出走予定馬の中でも人気が集まりそうな有力馬3頭をピックアップしてみました。

ドウデュース(牡3、友道康夫厩舎)

前走の朝日杯FSを快勝し、G1初制覇を果たしたドウデュース。1800mのデビュー戦と次走のアイビーSでも速い上がりを使って快勝しており、鋭い切れ味が持ち味。今回初の2000mとなりますが、ハーツクライ産駒なら距離延長は歓迎でしょう。中山も初となりますが、小倉の1800mのデビュー戦では器用に立ち回って勝ちきっており、気性も素直。G1馬キラーアビリティを降したダノンスコーピオンと重賞2勝馬のセリフォスを悠々と差し切ったことを考えれば、ここは最上位の存在と言えるでしょう。

ジャスティンロック(牡3、吉岡辰弥厩舎)

前走の京都2歳Sを快勝し、重賞初制覇を果たしたジャスティンロック。スタートで出遅れながらも焦ること無く後方で折り合い、直線は後方からの捲りで後続をねじ伏せて快勝。これまでキャリア3戦全てで上がり3F最速をマークしており、距離も1800mと2000m戦で中距離レースへの高い適性を感じさせる勝ちっぷりでした。近親にホクトベガがおり血統面の魅力もたっぷり。クラシックでの活躍も期待したくなる1頭です。

マテンロウレオ(牡3、昆貢厩舎)

前走のきさらぎ賞を快勝し、重賞初制覇を果たしたマテンロウレオ。2走前のホープフルSは6着に敗れましたが、先行有利な馬場でしたし、直線は伸び続けて脚を余していた印象でした。きさらぎ賞は内外の差がなく、スローで展開利もあった中で快勝。長く良い脚を使える馬で、ホープフルSで見せた最後の伸びだけ見てもまだまだ見限れない1頭です。鞍上は今年すでに重賞3勝を挙げている絶好調の横山典弘騎手なら、期待値も高まります。