「アメリカ三冠競走」に今年も挑戦!ラニが切り開いた新たな世界への道!

CC BY 2.0 Roderick Eime

JRAは25日、アメリカの三冠競走(ケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークス)に9頭の日本馬が登録したことを発表した。

アメリカ三冠競走登録馬9頭
馬名性齢調教師所属
アディラート牡3須貝 尚介栗東
エピカリス牡3萩原 清美浦
コーカス牡3藤原 英昭栗東
タスクフォース牡3須貝 尚介栗東
ハイランドピーク牡3土田 稔美浦
フォギーナイト牡3堀 宣行美浦
マイブルーヘブン牡3高橋 義忠栗東
モンサンレガーメ牡3牧 光二美浦
レヴァンテライオン牡3矢作 芳人栗東
アメリカ三冠競走の日程
日程競走名・格付競馬場・コース
5/6(土)ケンタッキーダービー(G1)チャーチルダウンズ、ダ2000m
5/20(土)プリークネスステークス(G1)ピムリコ、ダ1900m
6/10(土)ベルモントステークス(G1)ベルモントパーク、ダ2400m

登録馬全てが出走するわけではないが、先が楽しみなメンバーが揃った。

昨年は日本馬のラニが武豊騎手とのコンビでこの三冠に挑戦し、ベルモントSで3着に入着した。そのラニと同じタピット産駒のフォギーナイト。セレクトセールで約2.4億円という高値で競り落とされた良血馬。まだ新馬戦の1勝のみで未知な部分が多いが、父は北米のリーディングサイアー、タピット。母シャンパンドーロは米G1を2勝。兄弟に米G1ベルモントSで3着のラニ。海外挑戦も目指せるポテンシャルは秘めてそうだ。

モンサンレガーメは、ケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」(カトレア賞、ヒヤシンスS)のカトレア賞をすでに制しており、ケンタッキーダービー出走へ向けて一歩リード。同シリーズは指定された2レースの上位4着に入った馬にポイントが付与され、この合計ポイント最上位の馬がケンタッキーダービーへ選出されるという内容のもの。

世界の豊とラニが切り開いてくれた世界への道を無駄にしないためにも、今年は昨年以上の成績に期待したい。先のビッグレースに今年も参戦できることを考えるとどうしても気持ちだけが先走ってしまうが、まずは国内のポイントシリーズの結果がどうなるかに注目して楽しみに待ちたいと思う。