中日新聞杯(2017)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

12月9日(土)は中京競馬場の芝2000mで「中日新聞杯」が開催されます。このレースはこれまで開催時期や条件が度々変更されてきており、過去データから傾向を探るのが少々難しいレースとなっております。距離は2005年までは1800mで開催されておりましたが、2006年からは2000mに変更。開催時期は2000~2011年は12月の上旬~中旬でしたが、2012~2016年は3月の上旬~中旬で行われ、今年2017年からは金鯱賞と入れ替わる形で、再びこの12月のこの時期の開催となりました。

ころころと開催時期や条件が変わるので過去のデータが通用しにくい部分がありますが、今回は開催時期が3月となった2012~2016年の過去5年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心とした中日新聞杯の傾向を探っていきたいと思います。(※一部データは2006~2011年のデータを掲載しております。)

勝ちきれない1番人気、やや波乱傾向

人気データ
人気成績
1番人気1-1-1-2
2番人気0-1-0-4
3番人気0-1-1-3
4番人気0-0-1-4
5番人気2-0-0-3
6番人気1-0-1-3
7番人気0-0-0-5
8番人気0-0-0-5
9番人気0-2-0-3
10番人気1-0-0-4
11番人気0-0-0-5
12番人気0-0-0-5
13番人気0-0-1-4
14番人気0-0-0-5
15番人気0-0-0-5
16番人気0-0-0-5
17番人気0-0-0-5
18番人気0-0-0-4
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-0-0
2.0~2.9倍0-0-1-0
3.0~3.9倍0-0-0-1
4.0~4.9倍0-3-0-2
5.0~6.9倍1-0-1-4
7.0~9.9倍2-0-0-9
10.0~14.9倍1-2-2-6
15.0~19.9倍0-0-0-9
20.0~29.9倍0-0-0-9
30.0~49.9倍1-0-1-8
50.0~99.9倍0-0-0-7
100.0倍以上0-0-0-19
馬単/三連単データ
馬単三連単
201212,230円54,410円
20133,390円17,230円
201416,790円141,450円
20154,000円50,580円
20167,910円251,670円

1番人気は3着内には3回入着しているものの、勝利数は1勝のみと勝ちきれない競馬が続いております。また、単勝オッズ4.9倍以下に推された馬は過去5年で7頭おり、複勝率は60%と馬券圏内率の成績は一番良いですが、勝ち馬はゼロとなっております。

去年は1番人気が優勝しておりますが、2,3着は9,13番人気と人気薄が台頭。2014年は10番人気の人気薄が差し切って優勝するなど、波乱の決着も多いので穴馬の激走には要注意です。

【該当馬】単勝オッズ4.9倍以下(下記「予想オッズ」を参考):
ミッキーロケット
マウントロブソン

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ミッキーロケット3.1
2マウントロブソン4.5
3メートルダール5.0
4マキシマムドパリ7.6
5スズカデヴィアス11.6
6バンドワゴン12.7
7ロードヴァンドール19.6
8フェルメッツァ24.2
9ストーンウェア26.8
10フルーキー48.2
11ショウナンバッハ49.7
12グァンチャーレ63.5
13パドルウィール68.7
14タイセイサミット84.6
15レコンダイト92.5
16ヴォージュ153.4
17メイケイレジェンド210.2
18ケントオー264.3
19クィーンチャーム301.3
21マイネルディーン351.3
22フェイマスエンド364.1
23サラトガスピリット401.6

登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

「外枠」&「差し馬」が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠1-0-1-8
2枠0-1-1-8
3枠1-1-0-8
4枠0-1-0-9
5枠0-1-0-9
6枠1-0-0-9
7枠1-1-2-10
8枠1-0-1-13
脚質データ
脚質成績
逃げ0-0-1-4
先行0-4-1-14
差し5-1-3-33
追い込み0-0-0-23
マクリ0-0-0-0

コースは中京競馬場の芝2000m。スタートから最初のコーナーまで距離が短い点は内枠にとって有利ですが、3コーナー部分が外に膨らんだ形状になっており、この点は外枠が有利となります。過去5年で6枠から外の馬が3勝をあげており、外枠が好走しております。

脚質は勝ち馬5頭中5頭が差し馬となっており、差し馬が圧倒的です。先行馬は2着4回と連には絡みますが、勝ちきれない競馬が続いております。

【該当馬】差しタイプ:
ミッキーロケット
マウントロブソン
メートルダール
スズカデヴィアス
ストーンウェア
フルーキー
ショウナンバッハ
グアンチャーレ
レコンダイト
メイケイレジェンド
ケントオー
クィーンチャーム
マイネルディーン

馬体重が増えた馬は勝ち馬ゼロ

馬体重データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg1-0-0-12
-9~-4kg1-2-1-19
-3~+3kg3-1-2-25
+4~+9kg0-1-1-17
+10~+19kg0-1-1-1
+20kg~0-0-0-0
今回減3-3-1-41
同体重2-0-2-7
今回増0-2-2-26

勝ち馬は全て同体重か馬体重が減った馬でした。

ハンデは55kg、56kgが中心。53kg以下は3着内ゼロ

ハンデデータ
斤量成績
~50kg0-0-0-1
51kg0-0-0-1
52kg0-0-0-2
53kg0-0-0-8
54kg1-1-0-10
55kg1-3-2-22
55.5kg0-0-0-1
56kg1-1-2-14
56.5kg0-0-0-0
57kg1-0-1-11
57.5kg0-0-0-4
58kg1-0-0-0
58.5kg0-0-0-0
59kg~0-0-0-0

3着内が一番多いのは55kg、次いで56kgとなっております。53kg以下からは3着内はゼロとなっております。

勝ち馬は5,6歳が中心、穴は7歳馬か

馬齢データ
馬齢成績
3歳0-0-0-0
4歳0-1-2-17
5歳2-0-1-14
6歳2-1-2-17
7歳以上1-3-0-22
性別データ
性別成績
牝馬0-1-0-6
牡馬5-4-5-68
所属データ
所属成績
栗東3-5-4-50
美浦2-0-1-24

5歳と6歳がいずれも最多の2勝をあげております。7歳以上からも勝ち馬が1頭、2着馬が3頭の計4頭出ておりますが、4頭は全て7歳馬でした。4頭中3頭は6番人気以下の人気薄の馬でした。

基本的には牡馬が中心で、牝馬で馬券に絡んだのは当日3番人気に推された2014年の2着馬ラキシスが1頭のみです。

【該当馬】7歳馬:
フルーキー
レコンダイト

前走G1だった馬に注目、前走大敗馬の巻き返しも

前走データ
前走成績
菊花賞(G1)1-0-2-3
アンドロメダS(OP)1-0-1-9
アルゼンチン共和国杯(G2)1-0-0-4
小倉記念(G3)1-0-0-1
北野特別(1000万下)1-0-0-0
マイルチャンピオンS(G1)1-0-0-0
福島記念(G3)0-2-0-18
天皇賞秋(G1)0-2-0-2
前走クラスデータ
前走成績
1000万下1-0-1-4
1600万下0-0-1-16
オープン特別1-2-1-21
G31-2-0-23
G21-0-1-7
G12-2-2-7
前走着順データ
前走着順成績
1着2-0-2-15
2着1-0-0-5
3着0-0-1-1
4着0-3-1-6
5着0-0-0-6
6~9着2-1-1-17
10着以下1-2-1-28

※上記の「前走データ」「前走クラスデータ」「前走着順データ」は開催時期が12月&2000mで施行されていた2006~2011年の6年間のデータになります。近5年の中日新聞杯は3月開催のため、12月開催のデータを使用させていただきました。

前走は、1着1回、3着2回の菊花賞が馬券圏内ではトップで、前走G1だった馬の好走が目立ちます。前走着順は6年間で3着内に入った18頭中8頭が6着以下だった馬で、大敗馬が巻き返すケースも少なくありません。

【該当馬】前走G1だった馬:
ミッキーロケット(天皇賞秋・12着)
ロードヴァンドール(天皇賞秋・14着)
マキシマムドパリ(エリザベス女王杯・4着)

騎手は「川田将雅」に注目

騎手データ
騎手成績
川田将雅1-2-0-1
蛯名正義1-0-0-2
D.バルジュー1-0-0-3
松山弘平1-0-0-2
四位洋文1-0-0-0
戸崎圭太0-1-0-1
岩田康誠0-1-0-1
吉田豊0-1-0-0

騎手は1勝、2着2回の川田将雅騎手に注目。

【該当馬】川田将雅騎手の騎乗予定馬:
未定