中日新聞杯(2020)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

中京の土曜メインは2000mのハンデG3「中日新聞杯」です。開催時期は2000~2011年は12月でしたが、2012~2016年は3月に行われ、2017年からは金鯱賞と入れ替わる形で、再び12月の開催となりました。条件が度々変わっているので過去のデータが通用しにくい部分がありますが、今回は過去10年間のデータをもとに中日新聞杯の傾向を探っていきたいと思います。

■「1番人気」は比較的堅実も、穴馬の好走多し

人気は「1番人気」が最多の3勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。1番人気は比較的堅実ですが、「2番人気」は1・2着に1回ずつ、「3番人気」は0勝、2着2回といずれも連対数は少なく、1番人気以外の上位人気は好走率が低めです。下位人気を見ますと「6~9番人気」が3着内が7回、「10番人気以下」も4頭とハンデ戦らしく穴馬がよく絡むので、相手を広く見て馬券を組むなどし、波乱には十分警戒したい一戦です。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3214
2番人気1126
3番人気0217
4番人気0127
5番人気2017
6番人気1117
7番人気0019
8番人気1009
9番人気0208
10番人気1009
11番人気1009
12番人気0109
13番人気0019
14番人気00010
15番人気0009
16番人気0009
17番人気0008
18番人気0007
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0000
2.0~2.9倍1011
3.0~3.9倍1011
4.0~4.9倍0405
5.0~6.9倍2126
7.0~9.9倍21217
10.0~14.9倍2229
15.0~19.9倍01112
20.0~29.9倍00018
30.0~49.9倍10124
50.0~99.9倍11020
100.0倍以上00030
馬単/三連単データ
馬単三連単
20102,600円14,000円
201142,750円205,710円
201212,230円54,410円
20133,390円17,230円
201416,790円141,450円
20154,000円50,580円
20167,910円251,670円
20172,830円23,260円
201823,420円264,000円
201915,120円105,620円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ヴェロックス2.3
2サトノソルタス4.4
3トリコロールブルー5.6
4グロンディオーズ10.1
5サトノガーネット12.5
6ボッケリーニ14.6
7シゲルピンクダイヤ20.9
8ギベオン25.8
9デンコウアンジュ27.9
10テリトーリアル33.7
11レッドヴェイロン41.0
12オウケンムーン46.8
13ショウナンバルディ55.1
14レイホーロマンス65.2
15マイネルサーパス71.1
16サトノフェイバー80.2
17インビジブルレイズ154.3
18バラックパリンカ203.6
19ベレヌス254.1
20コトブキテティス278.0
21ワイプティアーズ303.6
22ジェシー325.5
23タガノアスワド369.7

■枠はフラットな傾向、脚質は「差し」が好成績

コースは中京の芝2000mを使用。枠は「1枠」「6枠」「7枠」が2勝ずつを挙げており、どの枠からもまんべんなく好走馬が出ています。内外の有利不利は少なく、傾向らしい傾向は見られません。枠についてはフラットな目線で予想したいと思います。

脚質は「差し」が最多の7勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。「逃げ・先行」は勝ち切れず、勝ち馬はとくに差しタイプから出やすい傾向となっております。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠20116
2枠11116
3枠11018
4枠03215
5枠13016
6枠21116
7枠21420
8枠10126
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0127
先行25229
差し74562
追い込み10145
マクリ0000
該当馬 差し馬候補
  • サトノソルタス
  • トリコロールブルー
  • グロンディオーズ
  • サトノガーネット
  • ボッケリーニ
  • シゲルピンクダイヤ
  • ギベオン
  • デンコウアンジュ
  • マイネルサーパス
  • インビジブルレイズ

■ハンデが「55kg」の馬に注目

ハンデは、最多の3勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「55kg」に注目です。馬体重の増減は、最多の3勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「-3~+3kg」に注目です。

ハンデデータ
斤量1着2着3着4着以下
~50kg0002
51kg0002
52kg0005
53kg10015
54kg12128
55kg35236
55.5kg0001
56kg21525
56.5kg0001
57kg21221
57.5kg0106
58kg1001
58.5kg0000
59kg~0000
馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg10015
-9~-4kg12126
-3~+3kg63454
+4~+9kg23341
+10~+19kg0217
+20kg~0010
不明・初出走・未更新0000
今回減44259
同体重21217
今回増45667
該当馬 ハンデが55キロの馬
  • サトノガーネット
  • サトノソルタス
  • ボッケリーニ

■「4歳」が好成績

年齢は、最多の3勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「4歳」に注目です。性別は、9勝を挙げている「牡馬」が中心となります。「牝馬」は1・2着に1回ずつのみとなっており不振です。所属は「栗東」が7勝を挙げており、関西馬が優勢です。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳2225
4歳33430
5歳20236
6歳21236
7歳14021
8歳以上00015
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬11012
牡馬9910131
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦32136
栗東789107
地方0000
外国0000
該当馬 4歳馬
  • シゲルピンクダイヤ
  • ショウナンバルディ
  • バラックパリンカ
  • ボッケリーニ
  • マイネルサーパス
  • ヴェロックス

■前走大敗馬の巻き返しがお決まりパターンか

「前走レース」「前走クラス」「前走着順」については、現在の開催時期に合わせて、12月に開催された2010~2011年、2017~2019年の過去5回分のデータをもとに傾向を探っていきます。

前走レースは、2勝以上挙げているレースがなく、傾向らしい傾向は見られません。前走レースについてはフラットな目線で予想したいと思います。

前走着順は、勝ち馬5頭全てが前走「6着以下」だった馬でした。逆に、前走で「3着以上」に好走した馬は3着内が1回のみと不振です。前走で掲示板外に敗れた馬が同レースで巻き返すパターンというのがお決まりのようです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
小倉記念(G3)1013
エリザベス女王杯(G1)1004
関屋記念(G3)1000
マイルCS(G1)1000
セントライト記念(G2)1000
天皇賞秋(G1)0212
アンドロメダS(OP)01213
福島記念(G3)01014
オクトーバーS(OP)0102
菊花賞(G1)0011
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
3勝クラス0006
オープン特別02224
G321123
G21008
G12228
海外0000
地方0000
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着00011
2着0006
3着0011
4着0108
5着0017
6~9着21011
10着以下33325

■騎手はフラットな傾向

騎手は「C.デムーロ」が唯一2勝を挙げていますが、今年はC.デムーロ騎手の騎乗予定はありません。その他の騎手には傾向らしい傾向は見られないため、騎手についてはフラットな目線で予想したいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
C.デムーロ2000
川田将雅1201
M.デムーロ1011
蛯名正義1003
松山弘平1005
D.バルジュー1003
大野拓弥1002
坂井瑠星1000
太宰啓介0103
吉田豊0101
藤岡佑介0103

※現役騎手のみを表示しております。