小倉競馬場 芝1700m

コース特徴・見解

小倉の芝1700mは、現在は年に1勝クラスを1回使用するだけで、使用頻度が非常に少ないコースです。

スタート地点は正面スタンド前の直線半ば地点。最初の1コーナーまでは約172mと短く、テンは速くなりやすいです。1~2コーナーは上り坂で、坂を過ぎると下りながら向正面へ。3~4コーナーもスパイラルカーブとなっておりスピードは落ちにくいです。最後の直線は平坦で約293mと短めです。

コーナーのキツイ小回りコースで直線も短く、前半からペースも速くなりやすい特徴があります。そのためラストはスピードよりもスタミナ勝負になりやすい傾向にあります。

枠・脚質の傾向

枠番は、1枠が勝率・連対率・複勝率の全てがトップです。勝利数は4枠、連対数は5枠、3着内の回数は7枠が最多となっております。

脚質は、マクリが勝率・連対率・複勝率の全てでトップですが、頻度が少ないため、基本的には次いで好走率が高い先行馬に注目。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠3-2-1-13(15.8%/26.3%/31.6%)
2枠1-0-4-14(5.3%/5.3%/26.3%)
3枠1-1-4-22(3.6%/7.1%/21.4%)
4枠5-1-1-22(17.2%/20.7%/24.1%)
5枠1-6-1-26(2.9%/20.6%/23.5%)
6枠1-4-1-28(2.9%/14.7%/17.6%)
7枠3-3-5-26(8.1%/16.2%/29.7%)
8枠4-2-2-30(10.5%/15.8%/21.1%)

集計期間:2009/8/1~2018/8/5

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ2-3-2-13(10.0%/25.0%/35.0%)
先行9-9-5-42(13.8%/27.7%/35.4%)
差し7-6-9-59(8.6%/16.0%/27.2%)
追い込み0-0-1-64(0.0%/0.0%/1.5%)
マクリ1-1-2-3(14.3%/28.6%/57.1%)

集計期間:2009/8/1~2018/8/5

騎手の傾向

騎手は、川田将雅騎手が勝利数が最多で、連対数と3着内の回数は川田騎手と幸英明騎手の2名の騎手が最多です。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
川田将雅3-1-2-6(25.0%/33.3%/50.0%)
幸英明2-2-2-8(14.3%/28.6%/42.9%)
浜中俊2-1-0-10(15.4%/23.1%/23.1%)
武豊1-1-1-2(20.0%/40.0%/60.0%)
松山弘平1-0-2-9(8.3%/8.3%/25.0%)
北村友一1-0-2-8(9.1%/9.1%/27.3%)
太宰啓介1-0-2-10(7.7%/7.7%/23.1%)
和田竜二1-0-0-10(9.1%/9.1%/9.1%)
丹内祐次1-0-0-2(33.3%/33.3%/33.3%)
秋山真一郎1-0-0-2(33.3%/33.3%/33.3%)

集計期間:2009/8/1~2018/8/5

血統の傾向

種牡馬は、ディープインパクト産駒が最多の4勝をあげており、連対数・3着内の回数も最多です。

血統データ(種牡馬)
種牡馬成績(勝率/連対率/複勝率)
ディープインパクト4-1-1-6(33.3%/41.7%/50.0%)
ダンスインザダーク2-0-2-3(28.6%/28.6%/57.1%)
キングカメハメハ1-3-0-7(9.1%/36.4%/36.4%)
マンハッタンカフェ1-1-0-4(16.7%/33.3%/33.3%)
スペシャルウィーク1-1-0-3(20.0%/40.0%/40.0%)
Singspiel1-0-1-0(50.0%/50.0%/100.0%)
ネオユニヴァース1-0-0-4(20.0%/20.0%/20.0%)
ジャングルポケット1-0-0-6(14.3%/16.7%/16.7%)
ステイゴールド1-0-0-5(16.7%/16.7%/16.7%)
グラスワンダー1-0-0-2(33.3%/33.3%/33.3%)

集計期間:2009/8/1~2018/8/5