小倉競馬場 芝2000m

コース特徴・見解

重賞だと、G3の小倉記念が行われるコースです。直線が短くてコーナーもキツく、いわゆるローカル小回りを体現しているコースです。

スタート地点は、スタンド前の4コーナー奥のポケット。最初の1コーナーまでは約472mと長く、距離も2000mと長めなので、先行争いはそこまで激しくなりにくく、序盤のペースはそれほど速くなることはありません。

1~2コーナーは上り坂で、坂を過ぎて下りながら向正面へ入っていき、このあたりからペースが上がっていきます。3~4コーナーもスパイラルカーブとなっておりスピードは落ちにくいです。最後の直線は平坦で約293mと短めです。

枠・脚質の傾向

枠番は、6枠が勝利数と連対数が最多で、勝率・連対率がトップです。最初の直線が長いこともあり、内外の有利不利は少なめです。

脚質は、先行馬が勝利数・連対数・3着内の回数が最多です。好走率ではマクリが勝率・連対率・複勝率の全てがトップですが、頻度が少ないため、次いで成績が良い先行馬に注目です。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠34-42-31-414(6.5%/14.6%/20.5%)
2枠42-27-40-424(7.9%/12.9%/20.5%)
3枠35-46-37-433(6.4%/14.7%/21.4%)
4枠44-61-40-445(7.5%/17.8%/24.6%)
5枠36-29-53-495(5.9%/10.6%/19.2%)
6枠55-59-37-486(8.6%/17.9%/23.7%)
7枠53-36-49-654(6.7%/11.2%/17.4%)
8枠53-53-65-644(6.5%/13.0%/21.0%)

集計期間:2009/8/8~2019/8/4

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ32-44-25-274(8.5%/20.3%/26.9%)
先行196-153-159-743(15.7%/27.9%/40.6%)
差し91-110-126-1563(4.8%/10.6%/17.3%)
追い込み9-20-29-1373(0.6%/2.0%/4.1%)
マクリ24-26-13-40(23.3%/48.5%/61.2%)

集計期間:2009/8/8~2019/8/4

騎手の傾向

騎手は、浜中俊騎手が勝利数・連対数・3着内の回数が最多です。好走率ベースでは、川田将雅騎手が勝率・連対率・複勝率の全てがトップです。とくに複勝率は57.3%と高く、3着内の信頼度が高くなっております。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
浜中俊27-23-20-81(17.9%/33.1%/46.4%)
北村友一27-18-14-126(14.6%/24.3%/31.9%)
川田将雅25-18-20-47(22.7%/39.1%/57.3%)
和田竜二15-15-14-103(10.2%/20.4%/29.9%)
丸山元気15-3-9-62(16.9%/20.2%/30.3%)
太宰啓介15-3-4-131(9.8%/11.8%/14.4%)
藤岡康太12-22-7-111(7.9%/22.4%/27.0%)
幸英明12-18-16-138(6.5%/16.3%/25.0%)
小牧太12-10-10-78(10.9%/20.0%/29.1%)
川須栄彦11-8-9-117(7.6%/13.1%/19.3%)

集計期間:2009/8/8~2019/8/4

血統の傾向

種牡馬は、ディープインパクト産駒が勝利数・連対数・3着内の回数が最多です。

血統データ(種牡馬)
種牡馬成績(勝率/連対率/複勝率)
ディープインパクト41-45-23-209(12.9%/27.0%/34.3%)
キングカメハメハ26-12-18-136(13.5%/19.8%/29.2%)
ステイゴールド22-15-27-215(7.9%/13.3%/22.9%)
ハーツクライ20-30-23-139(9.4%/23.6%/34.4%)
ハービンジャー19-13-9-103(13.2%/22.2%/28.5%)
マンハッタンカフェ16-15-16-120(9.6%/18.6%/28.1%)
ジャングルポケット13-9-18-138(7.3%/12.4%/22.5%)
シンボリクリスエス11-8-11-98(8.6%/14.8%/23.4%)
ルーラーシップ10-5-3-54(13.9%/20.8%/25.0%)
ゼンノロブロイ8-10-11-93(6.6%/14.8%/23.8%)

集計期間:2009/8/8~2019/8/4