京都競馬場 ダート1900m

コース特徴・見解

重賞だと平安Sが行われるコース。

スタート位置は4コーナーの終わりのスタンド前。同じ京都のダート1800mと比べてスタート位置が100m下がるだけで、コースレイアウトはかなり似通っている。1コーナーまでの距離は約380mと比較的長く、先行争いは1800mよりも緩和される。

向正面から3コーナーにかけて3mのなだらかな坂を登り、3~4コーナーの下り坂を経て直線へ。直線は平坦で約330mと短く、追い込み一気は決まりにくい。

枠・脚質の傾向

枠番は、8枠が勝利数・勝率といずれもトップだが、連対率と複勝率は1枠がトップで、最内・大外が好成績。

脚質は、逃げ馬が勝率・連対率・複勝率の全てがトップ。次いで先行馬の成績が良く、1~3着の数では先行馬が断トツ。1800m同様に逃げ・先行馬が好成績で、差し・追い込みの成績が極端に低くなっている。コーナーが4つで直線も短いコースのため、前目につけた馬が有利な傾向となっている。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠22-25-16-187(8.8%/18.8%/25.2%)
2枠16-14-21-217(6.0%/11.2%/19.0%)
3枠22-23-23-215(7.8%/15.9%/24.0%)
4枠21-21-19-236(7.1%/14.1%/20.5%)
5枠20-20-31-253(6.2%/12.3%/21.9%)
6枠29-29-24-264(8.4%/16.8%/23.7%)
7枠23-25-31-276(6.5%/13.5%/22.3%)
8枠33-29-22-284(9.0%/16.8%/22.8%)

集計期間:2009/2/1~2018/10/8

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ46-29-20-114(22.0%/35.9%/45.5%)
先行92-85-77-382(14.5%/27.8%/39.9%)
差し33-57-68-693(3.9%/10.6%/18.6%)
追い込み8-11-17-707(1.1%/2.6%/4.8%)
マクリ7-4-5-32(14.6%/22.9%/33.3%)

集計期間:2009/2/1~2018/10/8

騎手の傾向

騎手は、四位洋文が勝率・連対率・複勝率の全てでトップ。3着内の数がトップの川田将雅にも注目。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
四位洋文16-5-7-33(26.2%/34.4%/45.9%)
福永祐一15-3-6-46(21.4%/25.7%/34.3%)
川田将雅13-13-14-54(13.8%/27.7%/42.6%)
和田竜二12-6-12-105(8.9%/13.3%/22.2%)
小牧太11-15-1-72(11.1%/26.3%/27.3%)
幸英明9-11-11-105(6.6%/14.7%/22.8%)
松山弘平9-6-9-49(12.3%/20.5%/32.9%)
C.ルメール8-2-5-23(21.1%/26.3%/39.5%)
武豊7-10-8-30(12.7%/30.9%/45.5%)
岩田康誠7-9-9-71(7.3%/16.7%/26.0%)

集計期間:2009/2/1~2018/10/8

血統の傾向

種牡馬は、キングカメハメハが数ではトップだが、連対率・複勝率ではゴールドアリュール産駒がトップ。

血統データ(種牡馬)
種牡馬成績(勝率/連対率/複勝率)
キングカメハメハ18-21-11-121(10.5%/22.8%/29.2%)
ネオユニヴァース13-1-9-48(18.3%/19.7%/32.4%)
クロフネ9-7-5-74(9.5%/16.8%/22.1%)
ゴールドアリュール8-16-7-55(9.3%/27.9%/36.0%)
ゼンノロブロイ8-5-4-41(13.8%/22.4%/29.3%)
ブライアンズタイム7-6-6-46(10.8%/20.0%/29.2%)
マンハッタンカフェ5-12-10-63(5.6%/18.9%/30.0%)
ロージズインメイ5-3-6-33(10.6%/17.0%/29.8%)
シンボリクリスエス4-7-9-86(3.8%/10.4%/18.9%)
ハーツクライ4-4-5-37(8.0%/16.0%/26.0%)

集計期間:2009/2/1~2018/10/8