京都競馬場 芝1400m(内回り)

コース特徴・見解

内回りのコースは主に下級条件で行われ、ほぼ2歳と3歳の未勝利クラスと500万下クラスのレースしか組まれないコースとなっている。

向正面奥のポケットからスタートし、3コーナーまでの距離は518mと長め。3コーナーにある高低差3.1mの坂が大きな特徴で、スタート後320mほど走った向正面の終わりあたりから上り、3コーナー途中で一気に下り、また平坦に戻る。

下り坂で勢いをつけて直線に入るので外に振られて距離ロスしやすく、馬群はバラけやすい。ロスの少ない捌き方がポイントとなる。ゴール前の直線は328mと短く坂もないため、強い馬が先行する傾向にある下級条件では先行馬馬が比較的有利となりやすい。

枠・脚質の傾向

枠順は有利不利は少ないが、7,8枠の成績が悪く、外すぎると不利になる。

立ち回りが重要となり、脚質は逃げ・先行馬の好走率が高くなっている。逃げ馬の成績がとくに良く、逃げ先行馬が粘るケースが多い。

枠番データ
枠番 成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠 18-25-28-211(6.4%/15.2%/25.2%)
2枠 20-23-27-234(6.6%/14.1%/23.0%)
3枠 19-27-16-256(6.0%/14.5%/19.5%)
4枠 29-28-16-263(8.6%/17.0%/21.7%)
5枠 27-21-33-272(7.6%/13.6%/22.9%)
6枠 29-21-25-288(8.0%/13.8%/20.7%)
7枠 27-29-28-361(6.1%/12.6%/18.9%)
8枠 25-20-22-389(5.5%/9.9%/14.7%)

集計期間:2007/10/06~2017/05/20

脚質データ
脚質 成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ 37-24-14-119(19.1%/31.4%/38.7%)
先行 78-78-80-474(11.0%/22.0%/33.2%)
差し 65-77-82-875(5.9%/12.9%/20.4%)
追い込み 14-14-19-802(1.6%/3.3%/5.5%)
マクリ 0-1-0-0(0.0%/100.0%/100.0%)

集計期間:2007/10/06~2017/05/20

騎手の傾向

騎手は川田将雅の成績が断トツで、勝率・連対率はともにトップ。

騎手データ
騎手 成績(勝率/連対率/複勝率)
川田将雅 21-9-7-58(22.1%/31.6%/38.9%)
福永祐一 15-13-5-69(14.7%/27.5%/32.4%)
浜中俊 12-8-4-69(12.9%/21.5%/25.8%)
小牧太 11-10-9-62(12.0%/22.8%/32.6%)
幸英明 11-8-12-118(7.4%/12.8%/20.8%)
和田竜二 10-19-13-93(7.4%/21.5%/31.1%)
武豊 10-9-10-43(13.9%/26.4%/40.3%)
岩田康誠 9-6-15-48(11.5%/19.2%/38.5%)
秋山真一郎 8-5-3-62(10.3%/16.7%/20.5%)
藤岡佑介 6-8-6-54(8.1%/18.9%/27.0%)

集計期間:2007/10/06~2017/05/20

血統の傾向

種牡馬はフジキセキ産駒、ディープインパクト産駒の成績が良いが、出走数は少ないものの勝率が高いフレンチデピュティ産駒にも注目。

血統データ(種牡馬)
種牡馬 成績(勝率/連対率/複勝率)
キングカメハメハ 13-16-11-79(10.9%/24.4%/33.6%)
ダイワメジャー 9-7-8-51(12.0%/21.3%/32.0%)
フジキセキ 9-6-8-41(14.1%/23.4%/35.9%)
ディープインパクト 9-5-5-45(14.1%/21.9%/29.7%)
タイキシャトル 7-5-5-46(11.1%/19.0%/27.0%)
クロフネ 6-5-4-51(9.1%/16.7%/22.7%)
タニノギムレット 6-5-3-50(9.4%/17.2%/21.9%)
マンハッタンカフェ 5-8-3-34(10.0%/26.0%/32.0%)
ダンスインザダーク 5-4-3-34(10.9%/19.6%/26.1%)
フレンチデピュティ 5-2-0-20(18.5%/25.9%/25.9%)

集計期間:2007/10/06~2017/05/20