京都競馬場 芝3200m

コース特徴・見解

年に一度、天皇賞春のために使用されるコース。

最初のコーナーまでは約417mと長く、上り坂。3~4コーナーのカーブは緩いが、高低差は4.3mと勾配はきつい。3コーナーで坂の頂上に達し、4コーナーにかけて下り坂となる。最後の直線は平坦で、約404mと長め。

前半はゆったり入り、2周目の3コーナーあたりから一気にペースが上がる。2周目の坂からポジションを徐々に上げていき、ロングスパートで押し切るというのが勝ちパターンとなりやすい。3コーナーの坂を2度越える長丁場で、相当なスタミナが要求される。

枠・脚質の傾向

最初のコーナーまでは長く、長丁場のレースため枠順による有利不利は発生しにくいが、1枠が5勝をあげており勝率・連対率・複勝率すべてにおいてトップ。外枠の7,8枠はいずれも0勝で、内枠有利・外枠不利の傾向が顕著に出ている。

脚質は勝利数は差し馬が最多の4勝をあげているが、勝率・連対率・複勝率は先行馬の方が上。極端な脚質よりも、先行馬か早めに動ける差し馬に注目したい。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠5-1-1-13(25.0%/30.0%/35.0%)
2枠1-2-2-15(5.0%/15.0%/25.0%)
3枠1-1-1-17(5.0%/10.0%/15.0%)
4枠1-0-2-17(5.0%/5.0%/15.0%)
5枠0-0-0-20(0.0%/0.0%/0.0%)
6枠2-2-2-14(10.0%/20.0%/30.0%)
7枠0-2-1-24(0.0%/7.4%/11.1%)
8枠0-2-1-27(0.0%/6.7%/10.0%)

集計期間:2009/5/3~2018/4/29

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ2-0-0-10(16.7%/16.7%/16.7%)
先行3-6-5-21(8.6%/25.7%/40.0%)
差し4-4-5-70(4.8%/9.6%/15.7%)
追い込み0-0-0-44(0.0%/0.0%/0.0%)
マクリ1-0-0-2(33.3%/33.3%/33.3%)

集計期間:2009/5/3~2018/4/29

騎手の傾向

騎手は蛯名正義と武豊がいずれも最多の2勝をあげており、上位には岩田康誠や横山典弘もおり、ベテラン勢の活躍が目立っている。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
蛯名正義2-1-1-4(25.0%/37.5%/50.0%)
武豊2-1-1-4(25.0%/37.5%/50.0%)
岩田康誠1-1-0-7(11.1%/22.2%/22.2%)
松岡正海1-1-0-2(25.0%/50.0%/50.0%)
横山典弘1-0-0-4(20.0%/20.0%/20.0%)
C.ウィリアムズ1-0-0-2(33.3%/33.3%/33.3%)
石橋脩1-0-0-1(50.0%/50.0%/50.0%)
福永祐一0-1-1-6(0.0%/12.5%/25.0%)
池添謙一0-1-1-5(0.0%/14.3%/28.6%)
内田博幸0-1-0-2(0.0%/33.3%/33.3%)

集計期間:2009/5/3~2018/4/29

血統の傾向

種牡馬は最多の4勝をあげているステイゴールド産駒と、勝利数こそ0勝だが、2着5回、3着3回のハーツクライ産駒も注目。

血統データ(種牡馬)
種牡馬成績(勝率/連対率/複勝率)
ステイゴールド4-0-1-12(23.5%/23.5%/29.4%)
ブラックタイド2-0-0-0(100.0%/100.0%/100.0%)
ジャングルポケット1-1-0-6(12.5%/25.0%/25.0%)
チーフベアハート1-1-0-2(25.0%/50.0%/50.0%)
マンハッタンカフェ1-0-1-4(16.7%/16.7%/33.3%)
ミスキャスト1-0-0-1(50.0%/50.0%/50.0%)
ハーツクライ0-5-3-13(0.0%/23.8%/38.1%)
ディープインパクト0-1-1-13(0.0%/6.7%/13.3%)
King's Best0-1-0-1(0.0%/50.0%/50.0%)
アドマイヤベガ0-1-0-0(0.0%/100.0%/100.0%)

集計期間:2009/5/3~2018/4/29