新潟競馬場 芝2000m(内回り)

コース特徴・見解

内回りコースを使用。重賞が行われる外回りと違い、主に未勝利戦が行われるコースなので要注意。

4コーナーの出口からスタートし、最初の1コーナーまでは436mで、最後の直線は359m。内回りということで小回りなコースレイアウトとなっている。小回りコースで未勝利戦が多いため、スローペースになりがち。

枠・脚質の傾向

枠番は、5枠が勝率トップ、6枠が連対率・複勝率でトップ、7枠が最多勝利数となっており、真ん中より外枠が好成績。

脚質は、逃げ馬が勝率・連対率・複勝率の全てでトップ。未勝利戦が主なだけあり、逃げ馬の好走率が高くなっている。全体的に、逃げ・先行馬が好走傾向。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠8-12-10-146(4.5%/11.4%/17.0%)
2枠11-8-12-153(6.0%/10.3%/16.8%)
3枠12-15-9-156(6.3%/14.1%/18.8%)
4枠12-11-8-164(6.2%/11.8%/15.9%)
5枠17-14-13-159(8.4%/15.3%/21.7%)
6枠15-17-17-156(7.3%/15.6%/23.9%)
7枠18-17-21-194(7.2%/14.0%/22.4%)
8枠14-13-17-214(5.4%/10.5%/17.1%)

集計期間:2009/5/2~2018/10/14

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ22-15-6-71(19.3%/32.5%/37.7%)
先行37-42-43-251(9.9%/21.2%/32.7%)
差し39-43-44-543(5.8%/12.3%/18.8%)
追い込み5-2-12-469(1.0%/1.4%/3.9%)
マクリ4-5-2-7(22.2%/50.0%/61.1%)

集計期間:2009/5/2~2018/10/14

騎手の傾向

騎手は、最多の7勝をあげている蛯名正義が好走率も高く好成績。しかし、勝率・連対率・複勝率の全てがトップのM.デムーロが好走率ベースではトップ。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
蛯名正義7-4-4-19(20.6%/32.4%/44.1%)
柴田大知6-1-1-29(16.2%/18.9%/21.6%)
M.デムーロ5-2-0-3(50.0%/70.0%/70.0%)
戸崎圭太5-1-3-17(19.2%/23.1%/34.6%)
石橋脩4-5-10-34(7.5%/17.0%/35.8%)
津村明秀4-4-2-31(9.8%/19.5%/24.4%)
柴田善臣4-2-3-30(10.3%/15.4%/23.1%)
吉田豊4-1-2-24(12.9%/16.1%/22.6%)
吉田隼人3-4-4-32(7.0%/16.3%/25.6%)
田辺裕信3-4-2-28(8.1%/18.9%/24.3%)

集計期間:2009/5/2~2018/10/14

血統の傾向

種牡馬はマンハッタンカフェ産駒が最多の9勝をあげており、好走率も高い。好走率ベースでは、勝率・連対率・複勝率がトップのヴィクトワールピサ産駒が好成績。

血統データ(種牡馬)
種牡馬成績(勝率/連対率/複勝率)
マンハッタンカフェ9-5-3-46(14.3%/22.2%/27.0%)
ステイゴールド7-9-3-70(7.9%/18.0%/21.3%)
ハーツクライ7-4-2-42(12.7%/20.0%/23.6%)
ディープインパクト5-5-4-32(10.9%/21.7%/30.4%)
ジャングルポケット5-4-4-36(10.2%/18.4%/26.5%)
キングカメハメハ5-3-2-30(12.5%/20.0%/25.0%)
ゼンノロブロイ4-5-7-43(6.8%/15.3%/27.1%)
メイショウサムソン4-0-0-12(25.0%/25.0%/25.0%)
スペシャルウィーク3-3-3-37(6.5%/13.0%/19.6%)
ヴィクトワールピサ3-3-1-5(25.0%/50.0%/58.3%)

集計期間:2009/5/2~2018/10/14