札幌競馬場 ダート1000m

コース特徴・見解

使用されるレースのほとんどは未勝利と1勝クラスのコースです。

スタート地点は2コーナーの終わり付近。最初の3コーナーまでの距離は約284mと直線距離はそこそこありますが、1000mという距離上、前を行く馬が簡単にはバテないので、先行争いは激しくなりがちです。最後の直線は約264mと短めで、高低差もほとんどない平坦なコース故、前残りのレースになることが多いです。

枠・脚質の傾向

枠番は、7枠が勝利数と3着内の回数が最多で、勝率がトップです。8枠が連対数が最多で、連対率がトップとなっております。数も好走率も外枠が好成績で、外枠有利の傾向となっております。

脚質は、先行が勝利す・連対数・3着内の回数が最多です。好走率ベースでは、逃げが勝率・連対率・複勝率の全てがトップとなっております。連対率は52.1%、複勝率は63.5%と高く、逃げ馬が粘るケースが目立っております。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠9-17-11-130(5.4%/15.6%/22.2%)
2枠15-12-12-126(9.1%/16.4%/23.6%)
3枠12-17-16-121(7.2%/17.5%/27.1%)
4枠16-14-21-116(9.6%/18.0%/30.5%)
5枠24-30-30-223(7.8%/17.6%/27.4%)
6枠27-18-24-247(8.5%/14.2%/21.8%)
7枠40-19-31-231(12.5%/18.4%/28.0%)
8枠24-40-23-238(7.4%/19.7%/26.8%)

集計期間:2010/8/14~2019/9/1

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ51-36-19-61(30.5%/52.1%/63.5%)
先行98-97-80-293(17.3%/34.3%/48.4%)
差し17-27-53-550(2.6%/6.8%/15.0%)
追い込み1-7-16-524(0.2%/1.5%/4.4%)
マクリ0-0-0-0(0.0%/0.0%/0.0%)

集計期間:2010/8/14~2019/9/1

騎手の傾向

騎手は、三浦皇成騎手、菱田裕二騎手、古川吉洋騎手の3名の騎手が勝利数が最多タイです。連対数と3着内の回数は勝浦正樹が最多です。好走率ベースでは、C.ルメール騎手が勝率・連対率・複勝率の全てでトップとなっております。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
三浦皇成10-10-6-44(14.3%/28.6%/37.1%)
菱田裕二10-4-2-35(19.6%/27.5%/31.4%)
古川吉洋10-0-5-43(17.2%/17.2%/25.9%)
池添謙一9-5-3-30(19.1%/29.8%/36.2%)
勝浦正樹7-18-11-62(7.1%/25.5%/36.7%)
吉田隼人7-8-4-40(11.9%/25.4%/32.2%)
丸山元気7-7-8-58(8.8%/17.5%/27.5%)
C.ルメール7-4-1-15(25.9%/40.7%/44.4%)
城戸義政6-4-4-42(10.7%/17.9%/25.0%)
岩田康誠5-4-7-22(13.2%/23.7%/42.1%)

集計期間:2010/8/14~2019/9/1