東京競馬場 ダート1300m

コース特徴・見解

1300mはJRA10場で東京ダートにしかないコース。東京には1200mがなく、それを補填するようにあるのがこの1300mという特殊な距離。

3コーナーまでの距離は約340mと長いが、スタート後は80mほどで上りになり、ペースはそこまで速くならない。3コーナーは下りながら回るので、コーナーではスピードが落ちず、速い流れで直線へ向かう傾向に。

大きなレースは少なく、下級条件での開催がほとんどのため、先行力のある馬がそのままなだれ込む競馬になることが多い。

枠・脚質の傾向

内外の差はそこまでないが、複勝率は2枠から5枠が良く、真ん中よりの内枠が好走している。

脚質は逃げ馬が好走している。未勝利レースや500万レースの施行が多いため、逃げ・先行の割合が高くなっている。1000万以上のクラスになると差しも決まってくるが、基本的には前に行ける馬が活躍している。

枠番データ
枠番 成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠 38-36-33-449(6.8%/13.3%/19.2%)
2枠 43-45-42-462(7.3%/14.9%/22.0%)
3枠 37-42-48-477(6.1%/13.1%/21.0%)
4枠 40-45-37-485(6.6%/14.0%/20.1%)
5枠 38-42-48-491(6.1%/12.9%/20.7%)
6枠 36-36-36-508(5.8%/11.7%/17.5%)
7枠 38-37-36-512(6.1%/12.0%/17.8%)
8枠 45-31-34-515(7.2%/12.2%/17.6%)

集計期間:2007/10/06~2017/06/24

脚質データ
脚質 成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ 64-30-36-184(20.4%/29.9%/41.4%)
先行 120-142-114-760(10.6%/23.1%/33.1%)
差し 96-106-114-1497(5.3%/11.1%/17.4%)
追い込み 35-36-50-1447(2.2%/4.5%/7.7%)
マクリ 0-0-0-0(0.0%/0.0%/0.0%)

集計期間:2007/10/06~2017/06/24

騎手の傾向

好走率が高いのは内田博幸で、勝率・連対率・複勝率全てにおいてトップ。複勝率は46%と高く、約2回に1回は馬券に絡んでいる。

騎手データ
騎手 成績(勝率/連対率/複勝率)
内田博幸 32-21-27-92(18.6%/30.8%/46.5%)
北村宏司 20-27-7-122(11.4%/26.7%/30.7%)
蛯名正義 18-13-11-109(11.9%/20.5%/27.8%)
柴田善臣 17-12-11-92(12.9%/22.0%/30.3%)
吉田豊 16-12-17-135(8.9%/15.6%/25.0%)
戸崎圭太 16-8-10-76(14.5%/21.8%/30.9%)
田辺裕信 14-15-14-89(10.6%/22.0%/32.6%)
横山典弘 13-9-25-73(10.8%/18.3%/39.2%)
田中勝春 12-14-8-138(7.0%/15.1%/19.8%)
松岡正海 11-7-12-123(7.2%/11.8%/19.6%)

集計期間:2007/10/06~2017/06/24

血統の傾向

種牡馬はファスリエフ産駒とキングカメハメハ産駒に注目。ファスリエフ産駒は国内産馬ではないので馴染みは薄いかもしれないが、現役時代はヨーロッパで走り、5戦5勝。うちG1勝利は2つで、いずれも1200m戦だった。

上位の顔ぶれからも、現役時代にスプリントG1で実績を残した馬が多いことがわかる。

血統データ(種牡馬)
種牡馬 成績(勝率/連対率/複勝率)
ファスリエフ 11-4-9-56(13.8%/18.8%/30.0%)
クロフネ 10-10-12-91(8.1%/16.3%/26.0%)
スウェプトオーヴァーボード 9-12-6-80(8.4%/19.6%/25.2%)
プリサイスエンド 9-7-5-58(11.4%/20.3%/26.6%)
ゴールドアリュール 9-3-10-90(8.0%/10.7%/19.6%)
キングヘイロー 8-7-12-56(9.6%/18.1%/32.5%)
タイキシャトル 8-7-6-53(10.8%/20.3%/28.4%)
サウスヴィグラス 7-10-12-130(4.4%/10.7%/18.2%)
サクラバクシンオー 7-4-7-69(8.0%/12.6%/20.7%)
キングカメハメハ 7-4-4-35(14.0%/22.0%/30.0%)

集計期間:2007/10/06~2017/06/24