JRA京成杯AH(2020)の絶対軸馬は大逃げが期待される“あの馬”だ

休み明けの馬も多く、ハンデ戦で開幕週といった条件も重なり、今年も混戦模様の京成杯AH。悩ましいメンバー構成となっていますが、開幕週の中山ということで「逃げ・先行」タイプから狙っていきたいと思います。

今年の出走予定馬の逃げ馬候補は2頭。

中山マイルのフェアリーSを逃げ切って、桜花賞でも逃げて3着に粘ったスマイルカナ。そして昨年の同レースを日本レコードで逃げ切り、前走の関屋記念で大外からハナを切って2着に粘ったトロワゼトワルです。

この2頭の中から今回狙いたいのは、前年覇者のトロワゼトワルです。

いずれもハイペースを好むタイプということでこの2頭の逃げ争いが序盤の見どころとなりそうですが、テンの速さならトロワゼトワルに分があり、もちろん枠にもよりますが、この馬がハナを切る可能性が高いと見ます。

また、昨年同レースでコンビを組んだ横山騎手に手綱が戻る点も好材料です。ある程度強気の競馬をしてくる騎手ですし、前走の三浦騎手の騎乗も非常に良かったですが、レースを作ることに関しては横山騎手の方が信頼度は上と見ます。

斤量は昨年よりも3kg重い55kgで、標的にされそうな今年はさすがに昨年の逃げを再現するのは厳しいと思いますが、テンのスピードと持続力があり、開幕馬場、横山騎手とのコンビとくればここも残してくる可能性は高いと見ます。

このレース自体毎年高速馬場でスピード勝負になりやすく、ハイペースを好む逃げ馬2頭がいる今年も持続力が必須の展開となりそうです。

中心視するのはトロワゼトワルとして、相手には先行力と持続力がある馬を選んでいきたいと思います。

ということで今年の京成杯AHは、トロワゼトワルを中心視した馬券で勝負したいと思います。