【マイラーズC予想2019】過去データが後押しする激走期待の穴馬とは?

21日(日)は京都競馬場で安田記念の前哨戦「マイラーズC」が行われる。今回は当サイトが公開した過去10年のデータ・傾向や、筆者が独自で調べた傾向に当てはまる激走期待馬を1頭紹介したい。

今回紹介したい穴馬は「ケイアイノーテック」だ。いくつかの好走データに当てはまるので、以下で該当データを紹介したい。

「ディープインパクト産駒」

3着内の回数はディープインパクト産駒が圧倒的。母数も多いがそれでも複勝率は33.3%と3頭に1頭は馬券圏内に入っている。今年はダノンプレミアム、ケイアイノーテック、メイショウオワラの3頭が対象。

種牡馬データ
種牡馬1着2着3着4着以下
ディープインパクト23316
ホワイトマズル2002
キングカメハメハ11216
フジキセキ1104
スペシャルウィーク1102
アグネスタキオン1017
サクラバクシンオー1002
ロドリゴデトリアーノ1001

「G1の好走経験」

過去10年の3着以内馬延べ30頭中15頭は、過去に「G1レースで3着内に入った経験のある馬」でした(6-4-5-28)。G1で3着内経験のない馬(4-6-5-99)も半分いるが、好走率ベースではG1・3着内の馬が圧倒的に高くなっている。ケイアイノーテックは昨年2018年のNHKマイルCを優勝しており、条件に当てはまる。

「前走との間隔が中5週以上」

過去10年の3着以内馬延べ30頭中25頭は、「前走との間隔が中5週以上」の馬だった。さらに、勝ち馬10頭全てが「中5週以上の馬」で、「中4週以内」の馬は「0-4-1-60」となっており、好走率が極端に低くなっている。ケイアイノーテックの前走は根岸Sで、中11週となっている。

間隔データ
間隔1着2着3着4着以下
連闘0001
2週01013
3週01126
4週02020
5~9週53030
10~25週53934
半年以上0002
4週以内04160
5週以上106966

「8枠」

ケイアイノーテックは「8枠9番」。枠番は全体的にそこまで極端な傾向はないが、「8枠」が最多の3勝をあげており、勝率がトップである。

枠番データ(マイラーズC・過去10年)
枠番1着2着3着4着以下
1枠01010
2枠2208
3枠0139
4枠11110
5枠00013
6枠01310
7枠11015
8枠30014

「京都競馬場の芝1600m」の過去5年の枠番データを見ても、「8枠」は最多勝利数をあげており、勝率と複勝率は全体で2位となっている。

枠番データ(京都芝1600m・過去5年)
枠番1着2着3着4着以下
1枠71015108
2枠1589114
3枠171312119
4枠111611130
5枠81415140
6枠112013147
7枠121518175
8枠241516177