【天皇賞・春2019予想】過去データが後押しする激走期待の穴馬とは?

28日の京都メインは「天皇賞・春」。泣いても笑ってもこれが平成最後のG1レースだ。舞台は荒れる淀の長丁場、新時代の幕開けを前に波乱が巻き起こるのか?それとも順当か?

今回は当サイトが公開した過去10年のデータ・傾向や、筆者が独自で調べた傾向に当てはまる激走期待馬を1頭紹介したい。

今回紹介したい穴馬はステイヤーズSの勝ち馬「リッジマン」だ。いくつかの好走データに当てはまるので、以下で該当データを紹介したい。

「内枠」

リッジマンは3枠3番。まずは何より「内枠」に入れたことは大きい。ここまでハッキリと内枠有利が断言できるコース条件は珍しく、枠順によるコースロスの差が顕著に現れている。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠51113
2枠12215
3枠11117
4枠10217
5枠00020
6枠22214
7枠02124
8枠02127

「蛯名正義騎手」

リッジマンの鞍上は蛯名正義騎手。勝利数および3着内の回数は武豊騎手と同率トップだ。武豊騎手は香港へ遠征中のため、ここは蛯名騎手に期待がかかるところ。「長距離は騎手で買え」という古くからの競馬の格言がある通り、ここは得意舞台の蛯名騎手に注目だ。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
蛯名正義2114
武豊2114
岩田康誠1107
松岡正海1102
横山典弘1004
C.ウィリアムズ1002
石橋脩1001
福永祐一0116
池添謙一0115
内田博幸0104

「前走が阪神大賞典」

リッジマンの前走は阪神大賞典・6着。日経賞、大阪杯、阪神大賞典の3つのレースが3勝ずつを挙げているが、3着内の回数が一番多いのは阪神大賞典。

前走データ
前走1着2着3着4着以下
日経賞(G2)33247
大阪杯(G1)※33110
阪神大賞典(G2)32548
京都記念(G2)1104
ダイヤモンドS(G3)01013
大阪ーハンブルクC(OP)00113
ドバイWC(G1)0011
中日新聞杯(G3)0003
香港ヴァーズ(G1)0001

※G1に昇格前の大阪杯(G2)を含む。大阪杯は2017年にG1に昇格。

「6歳馬」

リッジマンは6歳。7歳以上の馬は優勝経験がなく、過去10年で3着内に入った延べ30頭中、26頭が6歳以下の馬だった。最多の4勝を挙げているのは5歳馬だが、好走率ベースでは6歳馬が勝率・連対率・複勝率の全てでトップ。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
4歳31536
5歳44139
6歳33227
7歳01218
8歳以上01027