【ヴィクトリアマイル2019予想】過去データが後押しする激走期待の穴馬とは?

12日(日)は東京競馬場で「第14回ヴィクトリアマイル」が開催。令和初のマイル女王に輝くのは一体誰か?今回は当サイトが公開した過去10年のデータ・傾向や、筆者が独自で調べた傾向に当てはまる激走期待馬を1頭紹介したいと思います。

今回紹介したい穴馬は「サトノワルキューレ」です。いくつかの好走データに当てはまるので、以下で該当データを紹介したいと思います。

「4歳馬」

サトノワルキューレは4歳牡馬。3着内に入った延べ30頭中15頭が「4歳馬」で、3着内の頭数は最多です。今年の4歳馬は、サトノワルキューレ以外にもアマルフィコースト、ノームコア、ラッキーライラック、ミッキーチャーム、プリモシーン、カンタービレ、サウンドキアラがおり、合計8頭となっております。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
4歳57370
5歳32547
6歳11224
7歳以上1007

「差し馬」

脚質は、最多の6勝を挙げ、3着内の回数も最多の「差し馬」に注目。サトノワルキューレの武器は何と言ってもその強烈な末脚。昨年のフローラSでは最後方からまとめて一気差しで勝利。以降は勝ち星を挙げれておりませんが、前走の阪神牝馬Sでは上がり最速32秒8をマークしており、今回は相性の良さそうな東京が舞台ということで、同馬の力強い末脚にはより警戒が必要でしょう。

脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1027
先行34326
差し64265
追い込み02350
マクリ0000

「前走が阪神牝馬S」

前走レースは「阪神牝馬S」が最多の4勝を挙げ、3着内の回数も最多です。サトノワルキューレは、前走の阪神牝馬Sに出走し9着に敗れております。前走着順は「6着以下」だった馬も5勝しており2着も5回と大敗からの巻き返しも目立っておりますので、そこまで気にする必要はなさそうです。

前走データ
前走1着2着3着4着以下
阪神牝馬S(G3)44355
中山牝馬S(G3)11210
大阪杯(G2)※1112
高松宮記念(G1)10111
マイラーズC(G2)1005
ドバイシーマC(G1)1001
ドバイデビューティF(G1)1000
福島牝馬S(G3)02231
ドバイワールドC(G1)0101

※2017年にG1昇格後は、同レースへは未出走。

前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着02331
2着21321
3着0138
4着11010
5着2015
6~9着32040
10着以下23033

「内田博幸騎手」

騎手は「内田博幸」、「戸崎圭太」、「横山義行」の3名が2勝ずつをあげており、3名の騎手に注目。サトノワルキューレには内田騎手が騎乗予定となっております。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
内田博幸2105
戸崎圭太2004
横山典弘2006
蛯名正義1206
武豊1106
幸英明1010
C.ルメール1003
岩田康誠0115
C.ウィリアムズ0103
浜中俊0106

※現役騎手のみを表示しております。

「関西馬で関東騎手」

所属馬は8勝を挙げている「栗東(関西)」が優勢で、所属騎手は7勝を挙げている「美浦(関東)」が優勢となっております。サトノワルキューレは関西馬で、鞍上予定の内田騎手は関東所属の騎手となっております。

所属馬データ
所属1着2着3着4着以下
美浦22357
栗東88791
地方0000
外国0000
所属騎手データ
所属1着2着3着4着以下
美浦74567
栗東35576
地方0000
外国0105