【弥生賞2019予想】過去データが後押しする激走期待の穴馬とは?

3月3日は女の子の成長を祝うひな祭りですが、3歳馬の成長度合いを見るのが楽しみな「弥生賞」が開催される日でもあります。筆者には2人の娘がおりますが、娘達の成長を祝うとともに、弥生賞も祝的中といきたいところです。

さて、前記事では弥生賞の過去10年のデータと傾向をまとめましたが、今回は前記事で導き出した傾向や筆者が独自で調べた傾向に当てはまる激走期待馬を1頭紹介したいと思います。

今回紹介したい馬はブレイキングドーンです。前走のホープフルSでも買わせていただきましたが、結果は5着で馬券は的中ならず。同コース・距離でメンバーの格が下がる今回も引き続き"買い"ということで、リベンジさせていただきたいと思います。以下は同馬が当てはまる4つの好走条件です。

「前走2000m」

前走距離は2000mだった馬が最多の5勝を挙げており、3着内の回数も最多です。1600mは2,3着は多いですが勝ちきれないことが多く、届かないか粘りきれないケースが多いという印象です。1800mは母数のわりには馬券圏外となることが多いですね。同じ中山の2000mで行われたG1で5着に入着しているブレイキングドーンにとっては良い条件と言えるのではないでしょうか。

前走距離データ(過去10年)
前走距離1着2着3着4着以下
1200m0001
1400m0002
1600m24516
1800m33130
2000m53435
2200m~0004

「福永祐一」

福永騎手の弥生賞の通算成績は「3-2-1-5」と好成績。2017年はカデナで優勝し、2018年はワグネリアンで2着に入着しており、現在2年連続で連対中です。過去10年に限っても「2-1-0-2」と騎手の中では実績トップです。

騎手データ(過去10年)
騎手1着2着3着4着以下
福永祐一2102
川田将雅2003
横山典弘1213
武豊1022
C.ルメール1011
内田博幸1007
岩田康誠1004
柴田大知1001
田辺裕信0202
松岡正海0112
田中勝春0102
M.デムーロ0100

「中竹和也厩舎」

過去10年の中竹厩舎の弥生賞の成績は「1-0-1-0」。勝率と連対率はいずれも50%、馬券圏内率は100%です。3着内に入った2頭は、2011年のデボネア(3着)と、2017年のカデナ(1着)です。カデナは福永騎手が騎乗している点もデータ的には好材料で、中竹厩舎と福永騎手のコンビの相性は良さそうです。

調教師データ(過去10年)
調教師1着2着3着4着以下
角居勝彦(栗)1103
友道康夫(栗)1101
中竹和也(栗)1010
池江泰寿(栗)1010
堀宣行(美)1003
荻原清(美)1001
中内田充正(栗)1000
高橋義博(美)1000
西園正都(栗)1000
国枝栄(美)1000

「キャリア3戦」

この時期の3歳馬はまだまだキャリアにばらつきがあり、キャリア別のデータなども参考になりやすいかもしれません。最多勝利数は4勝を挙げているキャリア4戦ですが、3勝を挙げているキャリア3戦が馬券圏内の回数はトップです。連対率・複勝率ベースでもほとんど成績に差はありません。

ブレイキングドーンはキャリア3戦ですが、実は昨年10月の萩ステークスの返し馬で放馬してしまい、除外となっております。コースを行ったり来たりして2週分くらいは走ってそうでしたので1回分キャリアとカウントしても良さそうですが、かなり楽しそうに走っていたので、ダメージも何もないと考えるとキャリア3.5回といったところでしょうか。

キャリアデータ(過去10年)
キャリア1着2着3着4着以下
0戦0001
1戦0005
2戦21111
3戦34321
4戦41316
5戦10214
6戦0308
7戦0107
8戦0013
9戦0001
10戦0001

最後の好走条件は少々おふざけも入ってオカルトの類とも言えますが、ブレイキングドーンは全体的に好条件が多く揃っている1頭と感じます。メンバー構成的にもある程度は妙味のありそうなオッズが付きそうなだけに、狙ってみる価値はあるのではないでしょうか。