ダービー卿チャレンジトロフィー(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週末は中山マイルのハンデG3「ダービー卿チャレンジトロフィー」が開催されます。トリッキーなコースで行われるハンデキャップ競走ということもあって、伏兵馬が台頭する年も少なくありません。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にダービー卿チャレンジトロフィーの傾向を探っていきたいと思います。

■「4番人気」&「5番人気」が好走傾向に、人気上位の信頼度は低め

人気データ
人気成績
1番人気2-2-0-6
2番人気0-1-3-6
3番人気1-0-0-9
4番人気2-3-0-5
5番人気3-0-1-6
6番人気0-0-1-9
7番人気1-1-1-7
8番人気1-0-1-8
9番人気0-2-1-7
10番人気0-1-0-9
11番人気0-0-0-10
12番人気0-0-1-9
13番人気0-0-0-10
14番人気0-0-0-10
15番人気0-0-0-10
16番人気0-0-1-8
17番人気0-0-0-1
18番人気0-0-0-1
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-0-0
2.0~2.9倍0-0-0-2
3.0~3.9倍1-1-2-1
4.0~4.9倍0-1-1-5
5.0~6.9倍2-2-1-9
7.0~9.9倍3-1-0-15
10.0~14.9倍2-2-1-12
15.0~19.9倍1-2-1-14
20.0~29.9倍1-1-3-13
30.0~49.9倍0-0-0-18
50.0~99.9倍0-0-1-21
100.0倍以上0-0-0-21
馬単/三連単データ
馬単三連単
200814,880円1,001,530円
20096,870円185,420円
20106,930円42,880円
201114,750円135,230円
201210,910円163,170円
20134,290円16,390円
201415,340円318,790円
20152,310円51,710円
201612,830円59,230円
20174,820円15,660円

「4番人気」は2勝2着3回、「5番人気」は最多の3勝をあげるなど、上位人気よりも伏兵の好走が目立ちます。三連単の配当も10万馬券以上が5回、そのうち100万馬券以上が1回と、ハンデ戦らしく波乱の決着で決まる傾向にあります。

【該当馬】4番&5番人気(下記「予想オッズ」を参考):
ディバインコード(4番人気)
ソルヴェイグ(5番人気)

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1グレーターロンドン2.5
2レッドアンシェル3.2
3マルターズアポジー5.1
4ディバインコード8.9
5ソルヴェイグ14.8
6ゴールドサーベラス26.4
7タイセイサミット28.9
8アデイインザライフ30.3
9ヒーズインラブ35.6
10ミュゼエイリアン39.4
11キャンベルジュニア42.5
12ロジチャリス54.1
13テオドール62.4
14ストーミーシー71.9
15アドマイヤゴッド118.4
16クラリティシチー184.6
17マイネルアウラート203.5
18クラリティスカイ230.8
19サンライズメジャー283.2
20トーセンデューク312.2
21ダイワリベラル356.2

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■「内枠」&「逃げ馬」に注目

枠番データ
枠番成績
1枠1-0-0-17
2枠2-0-2-14
3枠0-3-2-13
4枠2-1-1-14
5枠2-2-3-11
6枠0-1-0-17
7枠1-1-1-15
8枠1-1-0-15
脚質データ
脚質成績
逃げ3-1-0-8
先行2-5-3-24
差し3-1-4-45
追い込み1-2-2-39

※上記の「枠馬データ」・「脚質データ」は阪神競馬場で開催された2011年を除いた過去9回のデータとなります。

コースは中山競馬場の芝1600m。2,4,5枠が2勝ずつあげており、3枠も勝馬こそゼロ頭ですが馬券圏内は5頭と多く、比較的「内枠」が好走しております。

脚質は3勝をあげている「逃げ馬」に注目。最初のコーナーまでは約240m、最後の直線も約310mと短く、「逃げ・先行馬」にとって有利となりやすいコース形態なのも要因の一つと言えそうです。

【該当馬】逃げ馬候補:
マルターズアポジー
ソルヴェイグ
ミュゼエイリアン

■ハンデは「56キロ」、馬体重は「-3kg~+3kg」が好走傾向に

ハンデデータ
斤量成績
~50kg0-0-0-0
51kg0-0-0-2
52kg0-0-0-2
53kg1-0-0-11
54kg1-1-3-18
55kg2-2-2-28
55.5kg0-0-0-0
56kg3-3-3-35
56.5kg0-0-0-2
57kg1-2-1-17
57.5kg2-1-1-6
58kg0-1-0-8
58.5kg0-0-0-1
59kg~0-0-0-1
馬体重増減データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-1
-19~-10kg0-1-0-13
-9~-4kg2-3-4-42
-3~+3kg7-5-4-54
+4~+9kg1-1-1-16
+10~+19kg0-0-1-5
+20kg~0-0-0-0
今回減5-5-6-75
同体重1-1-2-25
今回増4-4-2-31

ハンデは、最多の3勝をあげ馬券圏内の頭数が一番多い「56キロ」が好走しております。馬体重は最多の7勝をあげている「-3kg~+3kg」に注目。

【該当馬】ハンデが56キロの馬:
タイセイサミット
ダイワリベラル
マイネルアウラート
ミュゼエイリアン

■「5歳馬」が好走傾向に

馬齢データ
馬齢成績
4歳3-4-2-33
5歳6-3-5-25
6歳1-1-2-35
7歳以上0-2-1-34
性別データ
性別成績
牝馬1-0-0-11
牡馬9-10-10-120
所属データ
所属成績
栗東2-5-2-65
美浦8-5-8-66
地方0-0-0-0
外国0-0-0-0

「5歳馬」が最多の6勝をあげ、勝率・連対率・複勝率全てがトップ。性別は9勝をあげている「牡馬」が中心となります。唯一優勝した牝馬は2016年の勝馬マジックタイム(5番人気)で、この馬も5歳馬でした。所属は8勝をあげている「関東馬」が中心。

【該当馬】5歳馬:
ストーミーシー
ソルヴェイグ
タイセイサミット
テオドール
ヒーズインラブ

■前走が「東風S」だった馬に注目

前走データ
前走成績
東風S(OP)3-3-3-19
阪急杯(G3)2-1-0-11
武庫川S(1600万下)2-0-0-1
東京新聞杯(G3)1-1-0-15
スピカS(1600万下)1-0-0-1
京都牝馬S(G3)1-0-0-0
中山記念(G3)0-1-4-11
フェブラリーS(G1)0-1-0-1
オーシャンS(G3)0-1-0-2
幕張S(1600万下)0-1-0-0
前走クラスデータ
前走成績
1600万下3-2-1-9
オープン特別3-3-4-51
G34-3-0-47
G20-1-4-18
G10-1-0-4
海外0-0-1-0
地方0-0-0-1
前走着順データ
前走着順成績
1着3-3-1-20
2着2-2-2-6
3着2-0-1-4
4着0-2-0-15
5着1-0-1-2
6~9着1-3-2-34
10着以下1-0-3-49

前走は最多の3勝をあげ馬券圏内の頭数が一番多い「東風S」に注目。前走着順は「1着馬」が最多の3勝をあげ、馬券圏内の頭数も一番多いですが、6着以下からも10頭の馬が馬券に絡んでおり、前走敗退から巻き返しを果たす馬も少なくありません。

【該当馬】前走が東風Sだった馬:
ミュゼエイリアン(1着)
タイセイサミット(2着)
クラリティシチー(5着)
ロジチャリス(8着)
ダイワリベラル(9着)

■騎手は「柴田善臣」に注目

騎手データ
騎手成績
柴田善臣2-0-1-4
内田博幸1-1-0-7
石橋脩1-1-0-4
A.シュタルケ1-1-0-1
戸崎圭太1-0-1-3
松岡正海1-0-0-6
横山典弘1-0-0-4
秋山真一郎1-0-0-1
蛯名正義0-2-1-4
津村明秀0-1-1-1
三浦皇成0-1-0-4

騎手は唯一2勝をあげている「柴田善臣」に注目。

【該当馬】柴田善臣騎手の騎乗予定馬:
マルターズアポジー