ダイヤモンドS(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

17日(土)の東京メインを飾るのは、3400mの長距離ハンデ重賞「ダイヤモンドS」です。平地重賞ではステイヤーズSに次ぐ長距離戦で、当然レース巧者、長距離巧者というのが活躍しやすい舞台ではありますが、負担重量がハンデキャップという条件を生かして台頭する馬がよく見られるのもこのレースの特徴です。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にダイヤモンドSの傾向を探っていきたいと思います。

■人気サイドが堅実。「1,2番人気」は複勝率70%

人気データ
人気成績
1番人気6-1-0-3
2番人気2-3-2-3
3番人気0-0-1-9
4番人気1-2-0-7
5番人気0-1-0-9
6番人気0-2-2-6
7番人気0-0-1-9
8番人気0-0-2-8
9番人気0-0-0-10
10番人気0-0-1-9
11番人気0-0-0-10
12番人気0-1-1-7
13番人気0-0-0-9
14番人気0-0-0-9
15番人気1-0-0-7
16番人気0-0-0-6
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-0-0
2.0~2.9倍3-0-0-0
3.0~3.9倍2-1-2-2
4.0~4.9倍1-1-1-3
5.0~6.9倍3-3-0-11
7.0~9.9倍0-1-2-14
10.0~14.9倍0-1-2-15
15.0~19.9倍0-1-1-4
20.0~29.9倍0-1-0-11
30.0~49.9倍0-1-0-20
50.0~99.9倍0-0-2-19
100.0倍以上1-0-0-22
馬単/三連単データ
馬単三連単
20082,230円174,080円
200926,950円307,420円
20102,740円151,370円
20114,360円41,740円
2012157,110円947,270円
20133,800円32,050円
20142,400円11,770円
20151,670円26,090円
20166,000円58,400円
20172,660円9,850円

1番人気は6勝で連対率70%、2番人気も複勝率70%、単勝オッズ2倍台の馬は勝率100%と、人気上位の好走率が高くなっております。

2012年に15番人気のケイアイドウソジンが逃げ切り勝ちを果たして波乱となりましたが、2,3着には1,2番人気が入着しており、ここでも上位は堅実。基本的には人気サイド、とくに「1,2番人気」が堅実な競馬をする傾向にあります。

【該当馬】1,2番人気(下記「予想オッズ」を参考):
フェイムゲーム
ホウオウドリーム

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1フェイムゲーム2.4
2ホウオウドリーム4.8
3ソールインパクト5.3
4プレストウィック6.8
5レジェンドセラー7.4
6リッジマン16.7
7ヤマカツライデン23.6
8リッチーリッチー36.5
9サイモントルナーレ45.1
10ラブラドライト52.4
11ハッピーモーメント63.2
12ダウンザライン88.4
13グランアルマダ112.8
14ネイチャーレット132.6
15デビルズハーツ196.2
16トウシンモンステラ221.2
17トレジャーマップ302.5
18フレンドスイート352.7

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■「外枠」&「差し」が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠1-2-1-13
2枠1-0-1-15
3枠1-2-0-16
4枠0-2-2-15
5枠3-0-1-15
6枠0-0-1-19
7枠2-1-1-16
8枠2-3-3-12
脚質データ
脚質成績
逃げ1-0-1-10
先行1-3-2-29
差し6-6-5-44
追い込み1-1-2-37

コースは東京競馬場の芝3400m。スタート後は上り坂で、直線の坂も2回上るため、アップダウンが激しいタフな長距離戦です。開催が進んでおり、内は馬場が悪くなっていることが多いため、外枠から外をゆったりと走るほうが最後の直線に力を発揮しやすい傾向があります。データでも7,8枠の好走率が良く、「外枠」が好成績です。

脚質は「差し」が圧倒的です。距離も長いため、序盤からペースはゆったりしており、3~4コーナーにかけて徐々にペースが上がっていき、最後の直線が勝負という展開が目立ちます。

【該当馬】差し馬:
フェイムゲーム
ホウオウドリーム
プレストウィック
レジェンドセラー
リッジマン
ダウンザライン
ネイチャーレット
デビルズハーツ

■ハンデは「55キロ」、馬体重は「-3kg~+3kg」が好走傾向に

ハンデデータ
斤量成績
~50kg0-0-2-14
51kg0-1-1-9
52kg0-1-1-5
53kg2-1-0-22
54kg1-0-3-23
55kg2-2-2-15
55.5kg0-0-0-0
56kg1-3-1-21
56.5kg0-0-0-0
57kg1-0-0-6
57.5kg1-0-0-2
58kg2-0-0-2
58.5kg0-2-0-2
59kg~0-0-0-0
馬体重増減データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg1-1-1-9
-9~-4kg1-1-4-34
-3~+3kg6-6-5-52
+4~+9kg2-1-0-18
+10~+19kg0-0-0-7
+20kg~0-0-0-0
今回減6-3-8-60
同体重2-2-1-26
今回増2-4-1-34

ハンデは3着内の頭数が一番多い「55キロ」が好成績です。52キロ以下、58.5キロ以上からは勝馬がゼロとなっております。馬体重は最多の6勝をあげている「-3~+3kg」が好走しており、全体的には馬体重が減っている馬の好走が多いです。

■「4歳馬」が好走傾向に

馬齢データ
馬齢成績
4歳4-3-4-12
5歳3-0-1-30
6歳2-2-3-26
7歳以上1-4-2-38
性別データ
性別成績
牝馬0-0-0-8
牡馬10-10-10-113
所属データ
所属成績
栗東5-3-7-62
美浦5-7-3-59
地方0-0-0-0
外国0-0-0-0

年齢は、最多の4勝をあげ、複勝率も47.8%と好走率が高い「4歳馬」に注目です。牝馬は過去10年で3着内はゼロで、所属は関東・関西どちらもほぼ同じです。

【該当馬】4歳馬:
ホウオウドリーム
レジェンドセラー
ダウンザライン

■前走が「アメリカJCC」だった馬に注目

前走データ
前走成績
アメリカJCC(G2)3-0-0-16
万葉S(OP)2-2-1-29
有馬記念(G1)2-0-0-3
日経新春杯(G2)1-1-3-9
迎春S(1600万下)1-1-0-5
師走S(OP)1-0-0-0
早春S(1600万下)0-1-1-1
ステイヤーズS(G2)0-1-1-11
白富士S(OP)0-1-0-8
メルボルンC(G1)0-1-0-1
前走クラスデータ
前走成績
1000万下0-1-2-9
1600万下1-2-3-16
オープン特別3-3-1-40
G30-0-0-7
G24-2-4-38
G12-0-0-9
前走着順データ
前走着順成績
1着2-3-4-20
2着1-3-0-10
3着2-0-0-11
4着1-2-2-8
5着1-0-2-9
6~9着1-0-2-29
10着以下2-2-0-33

前走は最多の3勝をあげている「アメリカJCC」に注目。前走着順は順位が上位だった馬以外も満遍なく馬券に絡んでおり、凡走した馬の巻き返しも少なくありません。前走着順についてはそこまで気にしなくて良さそうです。

【該当馬】前走がアメリカJCCだった馬:
レジェンドセラー(7着)

■騎手は「北村宏司」に注目

騎手データ
騎手成績
北村宏司3-0-0-5
内田博幸1-0-1-6
武豊1-0-1-0
吉田豊1-0-0-7
松浦正樹1-0-0-1
A.クラストゥス1-0-0-0
R.ムーア1-0-0-0
T.ベリー0-2-0-0
松岡正海0-1-1-5
酒井学0-1-1-3
蛯名正義0-1-0-6

騎手は最多の3勝をあげている「北村宏司」に注目。

【該当馬】北村宏司騎手の騎乗予定馬:
トウシンモンステラ