【アンタレスS予想2018】2頭出しは人気薄から、G1馬の復活に期待

© kanegen

今年のお正月は揃って騎乗停止となりスタートダッシュに失敗したはずのデムーロ、ルメール両騎手ですが、気がつけばしっかりと3位以下に差をつけたリーディングトップに君臨しています。訪日以来押されっぱなしの日本人ジョッキーですが、その中でも今年乗れているジョッキーといわれたら皆さん誰を思い浮かべるでしょうか。ノンコノユメに中央G1初制覇を達成させた内田博幸騎手は、その前走も含めて技ありの騎乗でしたが、総合的に見て私が挙げたいのは川田将雅騎手です。

ゴドルフィンの勝負服で初のG1にして自身も初の1200mのG1勝利となったファインニードルでの高松宮記念、勝てはしなかったものの、オークスに向けて血統面含め視界良好と思えるリリーノーブルの桜花賞3着、それにアルアインでの大阪杯3着など、ハイレベルなクラスで一定以上の成績を残して行けている、そんなイメージが強い2018年です。

とは言え、好事魔多しという言葉もあるように、順調な時ほどトラブルなどに気をつける必要があります。既に、自分ではどうにもしようのないことが原因で今年一番期待値の高かったであろうダノンプレミアムが皐月賞を回避し、直前だっただけに当然乗り馬もいなくなってしまいました。

そんな折、捨てる神あれば拾う神ありか、同じ中内田厩舎のグレイトパールが皐月賞の裏開催の京都競馬場アンタレスステークスで復帰戦を迎えることに決まり、騎乗できることになりました。これまでの戦績を見る限り、脚部不安はあれど長期休養明け程度ではそう簡単に人気も落ちそうにない有力馬です。また、これからというところで戦線離脱してしまったため現状のトップ勢力との力関係も不明な未知の魅力がある1頭です。

条件馬時代にテイエムジンソクとの対戦で勝利したものの、当時のテイエムジンソクに勝利した馬が今芽を出しているとも言い切れないため、成長分などを見込むとそのままの尺度で測ってしまうのは危険かもしれません。重賞を含む1着の並んだ馬柱を見れば能力の高さは素人目にもイメージがつきやすいですが、あくまで今回のアンタレスステークスに限って言えば11ヶ月の休養明けという点から信頼できる軸馬とはし辛いところです。

そこで今回は穴馬から狙っていきたいということで、ロンドンタウンに注目しています。韓国G1勝ち馬ということで格上とも言えますが、ここ数戦で持ち味を生かせない競馬が続いていることから人気を落としての出走となりそうです。とは言え大きく崩れたのはメンバーも揃っていたチャンピオンズカップ、フェブラリーSのみで、後は人気以上の競馬を出来ており能力落ちということはないでしょう。

栗東・牧田厩舎からは他にもナムラアラシが出走してきます。2頭出しは人気薄を狙えとも言いますので、ここはぜひロンドンタウンに託したいと思います。