ファンタジーステークス(2022)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

阪神競馬の土曜メインは阪神JFの前哨戦「ファンタジーステークス」です。キャリアの少ない2歳戦とあって情報は少ないですが、過去データの観点から見ていくことである程度狙い馬を絞ることもできるでしょう。ということで、今回は過去10年間のデータをもとにファンタジーステークスの傾向を探っていきたいと思います。

■人気薄の好走多し

人気は「1番人気」が最多の3勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。複勝率80%とまずまずの信頼度ですが、「2番人気」は2勝、「3番人気」は0勝、「4番人気」は1勝となっており、全体的に上位人気の勝率は低めです。下位人気は「10番人気以下」が1・2着に1回ずつ、3着に2回と大穴が絡むケースも見られます。「6~9番人気」も2着が3回となっており、人気薄が高頻度で絡んでいます。過去10年で馬単1万馬券以上が4回と多く、波乱傾向は強めの一戦です。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3322
2番人気2017
3番人気0136
4番人気1207
5番人気2017
6~9番人気13135
10番人気以下~11235
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍2000
2.0~2.9倍1210
3.0~3.9倍1003
4.0~4.9倍1124
5.0~6.9倍12311
7.0~9.9倍1007
10.0~14.9倍2117
15.0~19.9倍0206
20.0~29.9倍01016
30.0~49.9倍00214
50.0~99.9倍10012
100.0倍以上01119
馬単/3連単データ
馬単3連単
20123,790 円157,080 円
201311,490 円614,810 円
201453,620 円380,480 円
201512,430 円39,480 円
201610,990 円96,220 円
20175,010 円17,980 円
2018930 円5,890 円
20198,110 円43,510 円
20204,710 円25,620 円
2021920 円2,670 円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1アロマデローサ2.2
2ブトンドール3.4
3バレリーナ5.7
4ミカッテヨンデイイ7.9
5クインズエルサ11.2
6トゥーテイルズ15.5
7サツマノオンナ19.3
8シルフィードレーヴ25.8
9ミスヨコハマ32.7
10エナジーチャイム36.9
11サラサハウプリティ45.0
12レッドヒルシューズ54.1
13コスモフーレイ69.7
14リバーラ83.3
15サイモンオリーブ102.8
16シェーンプリマー158.7
17マーブルマカロン215.2

■枠は「内枠不振」&脚質は「先行」が好成績

コースは阪神の芝1400mを使用。例年京都の芝1400mで行われているレースですが、今年は京都競馬場改修工事の影響で阪神での開催となります。以下は京都開催時の傾向となりますので、例年の傾向とは異なる可能性があることをご了承下さい。(阪神競馬場の芝・1400mの傾向はこちら

枠は「4枠」が最多の4勝を挙げており、勝利数は断トツです。「1~3枠」からは勝ち馬が1頭しか出ておらず、内枠の勝率が低めです。「4枠」の勝率が抜けて良く、「4枠」に入った馬はそれだけで警戒しておきたいところです。

脚質は「先行」が最多の6勝を挙げており、勝ち馬は先行タイプから出やすい傾向となっています。「逃げ」も2着3回と馬券によく絡んでおり、前目で競馬をした馬が好走傾向にあります。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠1208
2枠02011
3枠01112
4枠40011
5枠11313
6枠12113
7枠21314
8枠11217
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1306
先行62521
差し14339
追い込み21233

■馬体重の増減が「-3kg~+3kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の5勝を挙げ、連対数も最多の「-3kg~+3kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
-9~-4kg23020
-3~+3kg54549
+4~+9kg21316
+10~+19kg12212
+20kg~0002
今回減44134
同体重22223
今回増44742

■前走レースが「小倉2歳S」だった馬に注目

前走レースは3勝ずつを挙げている「新馬」と「小倉2歳S」が参考レースとしての重要度が高そうです。2歳重賞は多くの場合「新馬戦」または「未勝利戦」を勝ち上がってきた馬が多いので、「新馬」からくる馬の好走が多いのは当然ですが、この時期ともなればレース数を重ねてきている馬も多く、「新馬・未勝利」組以外では重賞の「小倉2歳S」を使ってきた馬の好走が目立っています。同レースを使ってきた馬は注視しておきたいところです。

前走着順においては、前走を勝ち上がってきた馬がほとんどのため、「1着」の馬が占めるかたちとなります。レースの特徴的な要素が反映してのもので、傾向とは言い難いところがあるので、前走着順についてはそこまで重要視する必要はなさそうです。

前走レースデータ
前走レース1着2着3着4着以下
新馬33026
小倉2歳ステークス3109
未勝利20517
サフラン賞1101
デイリー杯2歳ステークス1100
りんどう賞02013
ききょうステークス0114
新潟2歳ステークス0111
函館2歳ステークス0012
スポーツ報知杯中京2歳ステークス0012
前走クラスデータ
前走クラス1着2着3着4着以下
G21100
G332215
リステッド/オープン01322
1勝クラス13017
新馬・未勝利53543
地方0002
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着74758
2着14110
3着0018
4着0013
5着0006
6~9着1209
10着以下~1005
該当馬 前走が小倉2歳Sだった馬
  • バレリーナ(2着)
  • シルフィードレーヴ(3着)
  • ミカッテヨンデイイ(10着)

■騎手は「川田将雅」に注目

騎手は「武豊」が最多の3勝を挙げていますが、今年は騎乗予定がありません。今回は次いで勝利数が多く騎乗予定がある「川田将雅」に注目したいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
武豊3003
川田将雅2014
C.ルメール1013
M.デムーロ1013
北村友一1002
小牧太1002
C.デムーロ1001
浜中俊0114
和田竜二0114
四位洋文0113
該当馬 川田将雅騎手の騎乗予定馬
  • バレリーナ