函館2歳ステークス(2017)予想/過去10年のデータ・傾向

今週末は今夏の函館最後の重賞、第49回「函館2歳ステークス」が開催されます。キャリアの少ない若い馬が経験する初の重賞レース。先週大荒れとなった函館記念に続き、こちらもなかなか波乱傾向の強いレースという印象がありますが、実際のところはどういった傾向があるのでしょうか?

今回は過去10年間のデータをもとに、人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心に、少しでもレースの傾向を探っていきたいと思います。

人気サイドが強いが、連下は狂う可能性大!

1番人気の勝率は3割とそこまで高くはありませんが、連対率なら6割になります。基本的には人気サイドが強いですが、現在3年連続で二桁人気の馬が2,3着に絡んでおり、配当を引き上げております。連下は狂う可能性が高そうです。

三連単10万馬券超えは3回あります。上位人気が総崩れというケースはあまりありませんが、穴馬が上位に食い込んで小波乱を演出することが多々あります。特に、7月開催となった2012年以降は、少し波乱傾向の色が強くなった気がします。

人気データ
人気成績
1番人気3-3-0-4
2番人気4-1-3-2
3番人気1-1-1-7
4番人気1-0-1-8
5番人気0-2-1-7
6番人気1-0-1-8
7番人気0-0-0-10
8番人気0-0-1-9
9番人気0-1-0-9
10番人気0-0-1-9
11番人気0-2-0-8
12番人気0-0-0-9
13番人気0-0-1-8
14番人気0-0-0-7
15番人気0-0-0-6
16番人気0-0-0-6
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-1-0-0
2.0~2.9倍1-1-0-3
3.0~3.9倍3-1-0-2
4.0~4.9倍1-1-2-0
5.0~6.9倍2-0-2-2
7.0~9.9倍2-1-0-15
10.0~14.9倍1-1-3-9
15.0~19.9倍0-1-0-14
20.0~29.9倍0-0-1-18
30.0~49.9倍0-1-1-16
50.0~99.9倍0-2-1-21
100.0倍以上0-0-0-17
馬単/三連単データ
馬単三連単
200747,280円429,830円
20082,990円25,780円
20091,610円11,960円
20101,220円4,390円
20114,150円30,250円
20126,560円50,610円
20135,280円130,150円
201427,240円228,870円
20152,210円34,290円
20161,670円64,380円

「先行」&「外枠」が有利!

コースは函館の芝2000m。洋芝ということもあって、スタミナも必要となってくるコースです。枠番の傾向を見ると、勝ち馬9頭中8頭が5枠から外の馬で、外枠が好走する傾向にあります。

函館の2000mは直線の長さが約260mと短いため、先行できない馬は必然的に4コーナーをまくり気味に上がっていかなければならないので、馬場の外を走りコースロスが生じやすくなります。データ的にも先行できる馬の好走が目立ちます。

枠番データ
枠番成績
1枠1-2-0-11
2枠0-0-4-11
3枠0-3-2-10
4枠0-1-0-16
5枠2-0-0-14
6枠3-1-1-12
7枠2-1-0-15
8枠1-1-2-14
脚質データ
脚質成績
逃げ0-0-0-9
先行5-4-3-21
差し2-3-4-39
追い込み1-3-2-35

牝馬が強いレース!

3着内30頭中16頭が牝馬で、「勝率」「連対率」「複勝率」全てにおいても牝馬の方が牡馬・セン馬よりも上です。牝馬が好走する傾向が強いレースと言えるでしょう。

所属は関西馬が中心で、地方馬は2007年に優勝したハートオブクィーン以来、9年間馬券に絡んでおりません。

性別データ
性別成績
牝馬6-6-4-52
牡馬・セン馬4-4-6-64
所属データ
所属成績
栗東7-4-5-40
美浦2-6-5-65
地方1-0-0-13

当然だが、新馬戦1着が中心

基本的に新馬戦から進めてくる馬がほとんどで、新馬戦組が中心となります。前走についても、新馬戦を勝ち上がってきた馬がほとんどになりますので、前走1着馬が圧倒的に多い結果となっております。2009年の札幌開催を除けば、勝ち馬は全て前走が函館の新馬1200mとなっております。

前走データ
前走成績
OP特別1-3-1-16
未勝利0-4-0-26
新馬9-3-9-65
前走着順データ
前走着順成績
1着10-9-9-102
2着0-1-0-4
3着0-0-0-0
4着0-0-0-4
5着0-0-0-2
6~9着0-0-0-3
10着以下0-0-1-1