ジャパンカップ(2017)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

11月26日(日)は競馬ファンお待ちかねの「ジャパンカップ」が東京競馬場でいよいよ開催されます。 強い馬が実力どおり結果を残すレベルの高いレースというイメージがありますが、実際のところどういった傾向があるのでしょうか?今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にジャパンカップの傾向を探っていきたいと思います。

人気上位馬が堅実、実力通りに決まりやすい

人気データ
人気成績
1番人気3-3-2-2
2番人気1-1-2-6
3番人気1-1-0-8
4番人気3-1-0-6
5番人気1-1-0-8
6番人気0-1-3-6
7番人気0-2-0-8
8番人気0-0-1-9
9番人気1-0-0-9
10番人気0-0-0-10
11番人気0-0-1-9
12番人気0-0-0-10
13番人気0-0-0-10
14番人気0-0-1-9
15番人気0-0-0-10
16番人気0-0-0-10
17番人気0-0-0-9
18番人気0-0-0-5
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-1-1-0
2.0~2.9倍1-1-1-0
3.0~3.9倍3-1-1-3
4.0~4.9倍0-1-0-6
5.0~6.9倍1-1-1-3
7.0~9.9倍3-0-1-11
10.0~14.9倍1-3-2-10
15.0~19.9倍0-0-0-7
20.0~29.9倍0-2-1-7
30.0~49.9倍1-0-0-25
50.0~99.9倍0-0-0-28
100.0倍以上0-0-2-44
馬単/三連単データ
馬単三連単
20078,100円15,980円
200825,160円68,950円
20092,020円11,690円
20101,880円25,110円
20114,180円324,680円
20121,580円5,550円
20133,330円224,580円
20147,800円91,790円
201518,510円53,920円
20163,990円36,260円

1番人気は3勝、連対率60%、複勝率80%と好成績。過去10年の3着以内馬延べ30頭中20頭は当日で5番人気内だった馬で、10番人気以下は連対馬がゼロとなっております。馬券に絡む3頭中2頭は5番人気内で、10馬人気以下の人気薄は来ても3着までという堅い傾向となっております。

配当も過去10年で10万馬券以上が2回と大きく荒れることは少なく、強い馬が実力どおり結果を残すレベルの高いレースというのはあながち間違ってもなさそうです。

【該当馬】5番人気内の馬(下記「予想オッズ」を参考):
キタサンブラック
レイデオロ
サトノクラウン
シュヴァルグラン
ソウルスターリング

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1キタサンブラック2.7
2レイデオロ3.2
3サトノクラウン3.4
4シュヴァルグラン7.8
5ソウルスターリング10.2
6マカヒキ18.6
7レインボーライン22.4
8ヤマカツエース28.2
9シャケトラ32.3
10サウンズオブアース48.1
11アイダホ62.6
12ギニョール81.2
13トーセンバジル87.4
14イキートス105.1
15ディサイファ130.7
16ラストインパクト147.9
17ワンアンドオンリー189.3
18ブームタイム211.3

出走予定馬と独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

「内枠」&「差し」が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠2-2-3-13
2枠2-0-1-17
3枠2-1-2-15
4枠1-0-0-19
5枠0-3-1-16
6枠0-1-0-18
7枠1-0-2-23
8枠2-3-1-23
脚質データ
脚質成績
逃げ1-0-0-9
先行3-2-4-29
差し6-5-4-63
追い込み0-2-2-42
マクリ0-1-0-1

コースは東京競馬場の芝2400mを使用。最初のコーナーまでの距離も約400mと長く、レース自体の距離も長いため序盤から飛ばす馬は少なく、極端な枠順の有利不利は発生しにくいコースとなっております。しかし、データでは明らかに内枠の成績が良く、外目の枠は大外枠の8枠以外は成績が良くありません。

脚質は差しが決まっておりますが、逃げ馬のペースによって勝ち馬の脚質は様々です。スピードとスタミナが求められるタフなコースで、逃げ切りは難しいです。基本的にはスローペースからの瞬発力勝負になることが多い傾向にあります。

【該当馬】差しタイプの馬:
レイデオロ
サトノクラウン
シュヴァルグラン
マカヒキ
レインボーライン
ヤマカツエース
トーセンバジル
ワンアンドオンリー

馬体重は「+9kg」まで

馬体重データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg1-0-0-6
-9~-4kg1-2-2-13
-3~+3kg6-3-5-56
+4~+9kg2-3-2-21
+10~+19kg0-0-0-2
+20kg~0-0-0-0
今回減4-2-4-31
同体重1-2-2-20
今回増5-4-3-47

馬体重は「-3kg~+3kg」と「+4kg~+9kg」が好成績をあげており、+9kgまでの馬が好走しております。20kg以上マイナス、10kg以上プラスの馬は3着内がゼロとなっております。

「4歳馬」&「牝馬」に注目。外国馬は06年以来馬券圏内ゼロ

馬齢データ
馬齢成績
3歳2-2-2-24
4歳6-3-3-41
5歳2-4-3-35
6歳0-1-0-24
7歳以上0-0-2-20
性別データ
性別成績
牝馬5-2-2-16
牡馬5-8-8-128
所属データ
所属成績
栗東9-10-8-68
美浦1-0-2-31
地方0-0-0-3
外国0-0-0-42

4歳馬が最多の6勝をあげており、6歳以上からは勝ち馬は出ておりません。牝馬の成績が良く、母数が圧倒的に少ない中で半分の5勝をあげております。5勝の内訳は3歳が1勝、4歳と5歳が2勝ずつとなっております。所属は関西馬が中心で、外国馬は2006年以来馬券に絡んでおりません。

【該当馬】4歳:
アイダホ
シャケトラ
マカヒキ
レインボーライン
牝馬:
ソウルスターリング

前走は天皇賞秋が中心、勝ち馬は前走6着までだった馬

前走データ
前走成績
天皇賞秋(G1)6-6-7-44
京都大賞典(G2)1-1-0-11
アルゼンチン共和国杯(G2)1-0-1-11
秋華賞(G1)1-0-1-2
菊花賞(G1)1-0-0-9
凱旋門賞(G1)0-2-1-10
エリザベス女王杯(G1)0-1-0-4
前走クラスデータ
前走成績
1600万下0-0-0-4
オープン特別0-0-0-3
G30-0-0-1
G22-1-1-28
G18-7-8-61
前走着順データ
前走着順成績
1着3-2-6-28
2着2-1-0-25
3着1-1-1-7
4着2-3-0-11
5着0-1-0-13
6~9着2-1-2-33
10着以下0-1-1-26

前走は天皇賞秋が中心。前走着順は1着と4着の成績が良いです。前走着順7着以下からは勝ち馬は出ておりません。勝ち馬は6着までから選ぶのが良さそうです。

【該当馬】前走天皇賞秋1~7着:
キタサンブラック(1着)
サトノクラウン(2着)
レインボーライン(3着)
マカヒキ(5着)
ソウルスターリング(6着)

騎手は「岩田康誠」に注目

騎手データ
騎手成績
岩田康誠3-0-1-4
武豊2-0-1-5
R.ムーア1-1-0-7
M.デムーロ1-1-0-6
C.スミヨン1-1-0-3
池添謙一1-1-0-2
C.ルメール1-0-0-7
四位洋文0-1-2-1
福永祐一0-1-1-2

騎手は岩田康誠が最多の3勝をあげております。

【該当馬】岩田康誠騎手の騎乗予定馬:
レインボーライン