【加付式“連番の法則”】NHKマイルカップなど先週の回顧・検証

3歳マイル王決定戦、第26回NHKマイルカップ(GⅠ)が、好天の東京競馬場で行われた。勝ったのはC.ルメール騎手騎乗の2番人気シュネルマイスター。直線先に抜け出した7番人気ソングライン(鞍上・池添謙一騎手)をゴール寸前「ハナ差」差し切った。1番人気に推された2歳マイルGⅠ馬グレナディアガーズは3着。レースは、3番人気バスラットレオンがスタート直後に躓き、藤岡佑介騎手が落馬する波乱の序盤となったが、終わってみれば同レースに強い 中距離(弥生賞2着)から参戦したシュネルマイスターが勝利を掴んだ。外国産馬による勝利は、クロフネ以来20年ぶりとなった。

そのNHKマイルCをはじめ、先週行われた3重賞はいずれも法則外決着。ただ、日曜中京メイン「鞍馬S」をはじめ、お勧めの同枠法則決着が多数出現。先週も連番の法則・推奨馬券術活躍の週となった。

先週一週間の主なニュース

吉田隼人騎手
史上39人目、現役20人目となるJRA通算1,000勝達成。
川田将雅騎手
京都新聞杯(GⅡ)にて史上14人目、現役7人目となるJRA通算1,600勝達成。
友道康夫調教師
京都新聞杯(GⅡ)にて現役16人目となるJRA通算600勝達成。

では先週の結果を振り返ろう。全結果は下表のとおり。

5月8日
-東京中京新潟合計出現率(%)
ALL連番11(1)138.3
一組連番4(4)4(1)5(3)1336.1
同番03(1)3616.7
合計589--
出現率(%)41.766.775.0--
5月9日
-東京中京新潟合計出現率(%)
ALL連番1(1)12(1)411.1
一組連番5(2)7(5)6(3)1850.0
同番10012.8
合計788--
出現率(%)58.366.766.7--
  • ※括弧内は同枠2頭が入った回数
  • ※「同番」「一組連番」、同時に成立(13番→2番→3番 等)は「同番」としてカウント

先週から西の開催が阪神から中京に替わり、東京・中京・新潟の3場開催。2日間計72レースで「一組連番」が計31レース、「ALL連番」「同番」が各々計7レースという内訳。先週も「ALL連番」「同番」が引き続き堅調かつ「一組連番」も安定した高出現。「一組連番」「ALL連番」は、土日全場で平均的に出現したが、「同番」は土曜に集中出現となった。全体的な場別出現率では、東京が2週連続やや低めで土曜には唯一50%を割ったが、中京・新潟では土日とも「66.7%~75.5%」と通常出現率を残した。

そして先週は、冒頭記した通りお勧めの「同枠」絡みの法則決着が多く出現し、高配当も数多く残したので、実践されている読者諸兄には「複数的中、高回収率」も叶ったのではなかろうか。

「一組連番」は、土日ともにお勧めの「同枠・一組連番」を中心に先週も堅調を維持した。配当も90万超の最高配当をはじめ、10万超だけで4回。その内3回を「同枠・一組連番」が占めた。まず土曜は、場別で「唯一50%を割った」と記した東京だが、「同枠・一組連番」が出現全4回、つまり「一組連番」の100%を占め、配当も5万超が2回。絶対的出現数こそ少なかったが「同枠・一組連番」で挑んだ方には、それなりの成果を挙げられたのではなかろうか。日曜には、やはり出現数は最も少ないのが東京であったが、この日も1番人気との「同枠・一組連番」から20万超という高配当を残した。そして出現数が7回の中京は、その内5回を「同枠・一組連番」が占め、1番人気、3番人気といった推奨人気との「同枠」からでも、ともに9万超の好配当となった。また出現数が6回の新潟は、その半数を「同枠・一組連番」が占め、35万、43万といった高配当をもたらした。まだまだ「同枠・一組連番」から的中を増やし、その中から高配当も手にしてほしい。

好調維持の「ALL連番」は、先週も計7回と好調堅持した。出現の偏りもなく、土日全場で1日1回以上は出現。特に高配当かつ狙い易かったと言えたのは、土曜中京と日曜新潟。土曜中京・第2Rでは、傾向の同枠2頭絡み、それも1番人気との同枠人気薄(10番人気)のワン・ツーからの「ALL連番」で3連複1.2万・3連単4.5万のともに万馬券。日曜新潟・第3Rでは2・3番人気が1着同着。そしてここでも2番人気との同枠人気薄(14番人気)が3着に入り、3連複6.4万、3連単8.7万と12万の2通り配当となった。「少額投資」でいける同枠2頭絡みからの「ALL連番」、常に「同枠相手の人気は気にせず」を実践いただきたく思う。

前週不発の「同番」も即復活。ただ出現には偏りが見られ、土曜中京と同じく土曜の新潟で1日3回と集中出現した。その土曜2場の集中出現は、かねてより傾向として記している連続出現をともに記録。中京第4、5Rの連続では、2番人気との「同枠絡み」から2万、推奨末人気の5番人気との「同番」から16万配当。新潟では3レース連続出現し、すべて推奨2・3・4番人気との「同番」で、40万の高額を筆頭にすべて万馬券。推奨の「同枠」決着、さらには「連続」といった傾向を是非使って的中していただきたいと思う。

「万馬券の宝庫・最終R」は、法則決着が6回中5回。その内万馬券決着が4回あり、最も威力を発揮したのは日曜新潟最終R。1番人気1着固定からの「ALL連番」から3連複9.3万・3連単約30万配当となった。土曜東京では推奨末人気との「同枠」絡みで5万超、土曜中京でも1番人気(1着)との「同番」から約4万と、先週は法則決着が大活躍の万馬券の宝庫となった。

※YouTubeは、筆者プロフィール欄のリンクから、もしくは「馬券的塾」で検索ください