【加付式“連番の法則”】札幌記念など先週の回顧・検証

夏競馬唯一のGⅡ、そして近年はメンバー構成からしてもはや「準GⅠ」とも呼べる札幌最大の重賞「第57回 札幌記念(GⅡ)」が行われた。また小倉では短距離重賞の「第56回 北九州記念(GⅢ)」が行われた。

6戦5勝(GⅠ2勝)の現役クラシックホース「ソダシ」vs先輩クラシックホースにして春には海外GⅠを制すなど復調した「ラヴズオンリーユー」が注目を集めた札幌記念。勝利したのは2番人気のソダシ(吉田隼騎手)で、4コーナーでの早め先頭から押し切り完勝。2着に1番人気ラヴズオンリーユー(川田騎手)、3着に8番人気ペルシアンナイト(横山武騎手)が入り、終わってみればGⅠホースの上位独占。北九州記念は、九州産の5番人気ヨカヨカ(幸騎手)が末脚鋭く差し切り重賞初勝利。2着4番人気ファストフォース、3着2番人気モズスーパーフレアとなり、両重賞ともに連番の法則「一組連番」決着となった。

先週一週間の主なニュース

競走馬訃報
93年ジャパンカップ覇者のレガシーワールド(騙32歳)、無敗で南関東4冠達成など活躍した地方馬トーシンブリザード(牡23歳)が、ともに18日にこの世を去った。さらに、重賞3勝を挙げ今年のダイヤモンドS後に粉砕骨折から引退したパフォーマプロミス(牡9歳)が、療養先で再度粉砕骨折するなど不運に見舞われ、懸命に闘ったものの最後は蹄葉炎のため、19日に安楽死となった。
川田将雅騎手
21日の小倉8Rで勝利し、3年連続7回目のJRA年間100勝を達成した。
三浦皇成騎手
22日の新潟9RでJRA通算10,000回騎乗を達成。史上44人目、さらには「史上最速&最年少」での記録達成となった。

では先週の結果を振り返ろう。全結果は下表のとおり。

8月21日
-新潟小倉札幌合計出現率(%)
ALL連番001(1)12.8
一組連番7(3)5(1)6(3)1850.0
同番2(1)20411.1
合計977--
出現率(%)75.058.358.3--
8月22日
-新潟小倉札幌合計出現率(%)
ALL連番2(1)11(1)411.1
一組連番8(2)7(2)6(2)2158.3
同番11138.3
合計1198--
出現率(%)91.775.066.7--
  • ※「同番」「一組連番」、同時に成立(13番→2番→3番 等)は「同番」としてカウント
  • ※( )内は同枠2頭が入った回数

新潟・小倉・札幌での2週目となった2日間、計72レースで「一組連番」が計39レース、「ALL連番」が計5レース、「同番」が計7レースという内訳。「一組連番」「ALL連番」は通常ペース、「同番」がやや復調をみせた週と言えた。配当的には「一組連番」の100万超2回の他、10万超99万未満だけで12回と4週連続、それも前2週を大幅に上回る回数となった。全場出現率は先週も、「58.3%~91.7%」と高確率出現。これで連番の法則としては6週連続での好結果となった。

先週の「一組連番」は、土曜小倉のみ「1日5レース」でわずかに半数を割ったが、その他すべてで1日の半数以上を占めた。特に新潟では土曜7回、日曜8回、配当的にも「すべて万馬券」で、10万超高額も土曜4回、日曜2回と絶好調をみせた。土曜の小倉と札幌は、回数こそ新潟に及ばなかったが、新潟では「同枠・一組連番」から132万、札幌メイン「札幌日刊スポーツ杯」では2番人気との「一組連番」から105万の超高額を輩出。また冒頭記した日曜メイン重賞でも、「札幌記念」での1・2番人気一組連番から万馬券、「北九州記念」では推奨人気同志の「一組連番」から5万馬券となった。先週も土日の6メインレース中5レースが「一組連番」であった。軸馬的中の際の取り逃しを減らすためにも、「一組連番」は抑えていただきたい

前週やや低調に終わった「同番」だが、先週は土曜を中心に復調気配をみせた。土曜新潟での2回は、ともに10万超高配当。小倉での2回も10万には届かなかったが、5万前後の好配当といえた。日曜は全場各1回ずつと複数回はならなかったが、まずは前週のような不発に終わらなかったことで、次週以降の完全復活に期待を繋いだと言える。点数を絞る際には、前週記したような「同番傾向」の複数重複がお勧めだが、最もお勧めなのは今週の「日曜新潟7R『4番→3番→14番』」のような「同番」かつ「一組連番」である。是非ともご活用いただきたいと思う。

先週の「ALL連番」、土曜は札幌2Rの1回のみであったが、日曜には新潟2回、小倉・札幌で1回ずつと堅調な出現となった。土日札幌での2回と日曜新潟の1回は、狙い目傾向としている同枠2頭絡み。いずれの配当も2万~6万であったので、「少額投資」の同枠2頭絡みの「ALL連番」とすれば、それなりの好配当といえた。また、唯一の10万超高額となった日曜小倉6Rでも2・3着が推奨人気の4・3番人気。1着が12番人気での好配当となったわけだが、「一組連番」や「同番」と違い「ALL連番」は2・3着推奨人気の「隣馬番」を抑えるだけである。「隣馬番」が人気薄の際はチャンスとして是非、抑えてほしい。

「万馬券の宝庫・最終R」は、日曜全場「すべて法則決着」、土曜は「すべて法則外の堅め低配当」となった。日曜新潟の「一組連番」では3連複11万・3連単52万の高額配当となった。小倉では「一組連番」ながら1・2・3番人気決着の超堅め配当となったが、札幌では「同番」から3万馬券。一発逆転の高額万馬券は日曜新潟のみとなったが、必ずや弾けるのが最終R。諦めずに挑み続けることをお勧めする。

※YouTubeは、筆者プロフィール欄のリンクから、もしくは「馬券的塾」で検索ください